朝鮮半島で最も高い標高2744メートルの白頭山が大噴火を起こしたら朝鮮半島はどうなってしまうのか…。そんな決して絵空事ではない大胆なアイデアを映像化した、タイムリミット・ディザスターアクション『白頭山(ルビ:ペクトゥサン)大噴火』(公開中)より、大迫力のディザスタームービーの撮影裏側や、イ・ビョンホン、ハ・ジョンウ、マ・ドンソク、チョン・ヘジン、ペ・スジが互いに共演した印象などを語るメイキング映像と、イ・ビョンホン&ハ・ジョンウのコミカルな騙し合いとガンアクションがさく裂する本編映像を紹介する。

【動画】記事で紹介しているメイキング&本編映像

 本作で、これまで韓国映画では描かれたことのない壮大なテーマに挑んだのは『彼とわたしの漂流生活』のイ・ヘジュンと『神と共に』シリーズで撮影監督を務めたキム・ビョンソのコンビ。この二人が共同で監督を務め、魅力的なストーリー、リアリティに満ちた映像を追求した。

 今回解禁となったメイキング映像では、火山爆発による地震や噴石から逃げ惑う人々を再現するために、かなり大規模な撮影を敢行したことが見て取れる。「大切なものを守ろうとする人々の物語を作りたかった」と語るキム・ビョンソ監督の言葉どおり、イ・ビョンホンも「ジャンルは災害ものですが、人間の感情が全て織り込まれています」と自信をみせる。

 一方、イ・ヘジュン監督が「理想のキャスティングが実現してよかった」と話す俳優陣は、イ・ビョンホンが今回初めて共演したハ・ジョンウを「彼は機知に富んでいて息がぴったりでした」と表し、ハ・ジョンウも「化学反応が起こりうまくいった。どのテイクにも情熱的に臨むビョンホンさんを見て刺激になりました」と撮影の合間に互いに談笑する姿も。

 さらに、マ・ドンソクとの共演シーンが多かったのが、チョン・ヘジンとペ・スジ。「ドンソクさんはかわいらしくて、みんなをリラックスさせてくれます」(チョン・ヘジン)、「最初の撮影はドンソクさんと一緒で、コミカルなシーンも多く、緊張を解いてくれました」(ペ・スジ)と語り、緊迫したシーン撮影が続く中でもマブリーことマ・ドンソクのユーモアさは健在だったようだ。

 また155日間にわたる撮影では、マ・ドンソクが「信頼できたし新鮮な経験でした」というイ・ヘジュン&キム・ビョンソ監督の二人体制による演出の中、未曾有の災害に直面する人々の混乱を描くため、「カメラを可能な限り小さくし人物に近づいた。リアルな感じを出したかった」という工夫や、江南駅や潜水橋も通行止めの許可を得て大規模な撮影をするなど、観客により身近に感じてもらうためロケーションにもこだわるコメントも。

 さらに本作のVFXは、『パラサイト 半地下の家族』や『神と共に』などを手掛け、世界から注目されるデクスタースタジオが担当。「VFXチームと作業をしながら、各ショットを完成させていきました」という大迫力のアクションシーンや地震、爆破シーンは必見。俳優陣、制作陣ともに大奮闘する撮影風景も満載のメイキング映像となっている。

■初共演のイ・ビョンホン&ハ・ジョンウのバディームービー

 もう一つ、白頭山のさらなる大噴火を防ぐための極秘作戦の命を受け、北朝鮮に潜入したインチャン(ハ・ジョンウ)が、作戦成功のカギとなる核兵器の場所を知る北の工作員ジュンピョン(イ・ビョンホン)を見つけ出し、共に核ミサイル格納施設に侵入、しかし北の警備隊と応戦することになってしまう場面の本編映像もWEBで公開されている。

 慌てるインチャンをみて、「銃を」渡せというジュンピョンだったが、「渡せるもんか」とインチャンは拒否。しかし「死にたいのか?」と強い口調で迫られ、敵が近づいてくる様子をみて「じゃあ後方を任せた」と銃を渡す。すると「殺傷距離は?」と言いながら、突然ジュンピョンがインチャンに向けて発砲する。その場に倒れるインチャン。それを横目に、「私は人民武力省少佐リ・ジュンピョンだ」と言いながら、北の警備隊に近づいていくジュンピョン…。これはジュンピョンが仕掛けた作戦で、このあとの展開と、二人の掛け合いに思わずニンマリとしてしまうシーンだ。

 終始謎めいた雰囲気で存在感たっぷりにジュンピョンを演じるイ・ビョンホン、翻ろうされるインチャンをあふれる人間味で演じるハ・ジョンウ、ふたりそれぞれの個性と、バディとして信頼関係を育んでいく“つづき”が見たくなる場面となっている。

 イ・ビョンホンも「チョ・インチャンとリ・ジュンピョンのバディームービーとも取れると思う」と撮影を振り返っていた。「バディームービーの特性上、二人の人物が互いに面白くてユーモラスな状況が多くなきゃいけなかった。そうなると、もちろん台本にあるせりふも大事ですが、それ以外のアドリブも行ったりします。ハ・ジョンウさんはとても瞬発力のある人。ハ・ジョンウさんがアドリブをしてくると、私もそれが面白くなってまた違うアドリブをのせていったり、互いにとても合っていたように思います」と二人の相性の良さに自信を見せていた。