俳優の東山紀之演じる天樹悠を中心に、個性あふれる刑事たちが、時代とともに複雑化する超凶悪犯罪や難解な未解決事件に挑むテレビ朝日系ドラマシリーズ『刑事7人』(毎週水曜 後9:00)。きょう1日放送の第7話は天樹たち専従捜査班が、『刑事7人』史上最も不可解な行動を見せる。

【写真】怪しく後ろから距離を詰める吉田鋼太郎

 ある資産家宅の一室で、屋敷の主・和子の遺体をスーツケースに詰めようとしていた息子の西園寺大輔(近藤公園)と家政婦の佐藤愛(水崎綾女)。実はこの2人、遺産目的で和子を毒殺し、自殺と見せかけるために急ぎ遺体を軽井沢まで運ぶ計画を立てていた。

 そんな中、突然の来訪者があり、別室にいたもう一人の家政婦の鈴木幸子(中田喜子)が出ると、そこには海老沢芳樹(田辺誠一)の姿が。海老沢はかつて主にお世話になったと話し、近くに来たためあいさつしたいと申し出るが、不在だと聞いて諦めて帰ることに。

 大輔と愛は海老沢が去ったことを確認すると、慌てて遺体を車で運ぼうとするが、家の外にはまだ海老沢の姿が。「久しぶりにこの辺りに来たので」と言ってなかなか帰らないため、大輔たちは出るに出られず…。さらに、この日は猛暑。このままでは遺体の腐敗が進み、死亡推定時刻が変わって計画が狂ってしまう。慌てた大輔は急きょ氷を買いにコンビニへ向かうが、そこで氷を買い占めていると、文句を言ってくる客が。その客はなんと、片桐正敏(吉田鋼太郎)。逃げるように屋敷に戻ると、今度は天樹が訪ねてきて…。

 偽装自殺計画は誰もしらないはずが、なぜか次々に現れる専従捜査班。これは偶然? それとも何か狙いが? 先がまったく読めない展開の結末は?