THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの吉野北人が“地上波連ドラ初主演”を飾る、9月7日スタートのMBS・TBS系ドラマ『トーキョー製麺所』(MBS:毎週火曜 深0:59~/TBS:毎週火曜 深1:28~)。第1話の場面写真・サブカットが8月31日、初公開された。

【場面カット】3拍子が揃ったうどん店で波乱が巻き起こる…

 本作は、ちょっぴり問題を抱えたうどんチェーン店「トーキョー製麺所」を舞台に、働く5人の男女の奮闘記をシニカルかつコメディータッチで描きながら、飯テロならぬ“うどんテロ”を誘う青春グルメ群像劇。

 吉野が演じる主人公・赤松幸太郎は、「トーキョー製麺所」の新店長で元ホテルマン、紳士さあふれる佇まいと“ポマードヘア×うどん店長”という役柄のギャップが特徴的。そのほか、バイトリーダー・青井春翔役の柳俊太郎、関西出身の大学生バイト・緑川義雄役の奥野壮、就活中の女子大生バイト・桃田凛役の秋田汐梨、バツイチ子持ちのパート・黄本節子役のニッチェ・江上敬子らが脇を固める。

 そんな麺戦士5人のほか、追加キャストが新たに解禁された。常連客・筧和人を山中崇、筧の部下で営業マン・小久保真由を岡本夏美、白越グランドホテルで働く、赤松の同僚・黒石佐江を高月彩良が演じる。

■第1話のあらすじ
多くの客でにぎわう、うどんチェーン店「トーキョー製麺所」。実は物すごくピンチである。店長が産休に入って早2ヶ月、代わりが来ない。そして頼りにしていたスタッフも辞め、バイトリーダーの青井春翔(栁俊太郎)は頭を抱えていた。

開店準備をしていると、原付バイクに乗った、ポマードヘアに蝶ネクタイの謎の男がやってくる。元ホテルマンと語るこの男こそ、新店長の赤松幸太郎(吉野北人)だった。

“安い・早い・美味い”の3拍子が揃ったうどん店で、赤松は高級ホテルのような丁寧接客を開始し、店は大混乱。学生バイトの緑川義雄(奥野壮)と桃田凛(秋田汐梨)、パートの黄本節子(江上敬子)も終始振り回され、苛立ちが募る…。

更なるピンチの中、常連客の筧和人(山中崇)と部下の小久保真由(岡本夏美)が来店するも、赤松の暴走は加速するばかり!? どうなる、トーキョー製麺所…。