ヒップホップユニット・RHYMESTERの宇多丸が、30日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』に出演。“密状態”となるなど感染対策が不十分だと批判が集まる音楽フェス『NAMIMONOGATARI2021』について、苦言を呈した。

【写真】マスクをしていない人も…『NAMIMONOGATARI』の模様

 29日に愛知県常滑市の愛知県国際展示場(AICHI SKY EXPO)多目的広場 野外ステージで開催された同フェスをめぐっては、感染対策が十分に取られていない写真などがSNSを中心に広がり、批判を集めていた。

 宇多丸は「今の状況で音楽イベントも気をつけてやってるところがほとんど」としつつ、「開催者がお客さんがどういう状態になるか計算せずになのか、配慮を欠いているのは明らか。非難されて当然だと思いますよ」と指摘した。

 「考え方とか、アーティストのカラーも違うので、僕ごときが先輩として言うようなシーンじゃないが」と前置きしつつ、「僕の意見として言うならば、ヒップホップシーンはやんちゃでもあるけど、同時に意識のアップデートも含めていろんな意味で時代の先を走っているべき。ヒップホップシーンこそがいち早く進んだ手を打つような、意識のアップデートをして、最先端を行ってほしい」と語った。

 続けて「意識のアップデートをしてこそ、真にカッコいいカルチャーだと思うし、そう育ってほしい。そういう意味で、反省しろとしか言いようがないけどね。とにかく本当にこれは良くなかった」とした。また出演者側が主催者に対して安全対策などをしっかり確認すべきと強調。今回の件を見たことで、「『行ってダメでした』は言い訳にならない」と語気を強めた。

 また、イベント後、会場がゴミだらけだったことを挙げ「やんちゃであることと、美意識を高く持つことは全然両立する。ヒップホップシーン全体が意識面からも『先に進もうぜ』って考え直す契機になれば」と願った。

 同フェスをめぐり、開催地となった愛知県常滑市の伊藤たつや市長が30日、自身のツイッターを更新し、同フェスの主催者に対し、抗議文を送付すると明かした。また、ヒップホップアーティストのZeebraも同日、「国民の皆さんに多大なご心配とご迷惑をお掛けした事、ヒップホップシーンを牽引する立場として責任を感じてます。誠に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。