ヒップホップアーティストのZeebra(50)が30日、自身のツイッターを更新。29日に愛知県で開催された音楽フェス『NAMIMONOGATARI2021』に出演したことについて、「そもそも出演すべきでは無かったという意見もごもっともだと思います」とし、謝罪した。

【写真】マスクをしていない人も…『NAMIMONOGATARI』の模様

 愛知県常滑市の愛知県国際展示場(AICHI SKY EXPO)多目的広場 野外ステージで開催された同フェスについて、感染対策が十分に取られていない写真などがSNSを中心に広がり、批判を集めていた。

 Zeebraは「昨日のNAMIMONOGATARI、県のルールに則ってると聞いていたので出演しましたが、開けてみたら危険な状況でした。会場に向かう最中SNSで会場の写真を見て、すぐにスタッフに連絡をし、司会からマスクの着用を徹底させる様に伝えました」と経緯を説明した。

 続けて「自分の事務所スタッフは消毒液を配布しながら会場を回り、自分のステージでも注意を促しましたが、そもそも出演すべきでは無かったという意見もごもっともだと思います」とし、「国民の皆さんに多大なご心配とご迷惑をお掛けした事、ヒップホップシーンを牽引する立場として責任を感じてます。誠に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 同フェスはAK-69、般若、舐達麻、\ellow Bucks、JP THE WAVY、BAD HOP、LEXなど人気ヒップホップアーティストが多数出演していた。