歌手の近藤真彦(57)が、9月7日放送の文化放送『松井佐祐里“new normal”の小部屋』に出演することが30日、決定した。近藤が芸能活動復帰後にラジオ番組に出演するのは、今回が初めてとなる。

【動画】「お待たせしました」事務所退所後“初イベント”に登場した近藤真彦

 同番組は、多彩な趣味を持つ松井佐祐里アナウンサーが“new normal”をキーワードに、生活を豊かにしていくための提案や、生活に活力を与えるエンターテインメントなどを音楽とともに紹介している。

 今回の近藤の出演は、デビュー前から文化放送で長年レギュラーを務めていた経緯と、ラジオを通じてリスナー、ファン、関係者に対して自身の言葉を発信してほしいとの想いから実現した。芸能活動自粛前、『松井佐祐里“new normal”の小部屋』の同枠で「近藤真彦 くるくるマッチ箱」を放送していたことから、同番組に特別出演することとなった。

 同番組では、リスナーをはじめ近藤のファン、関係者へ向けての言葉や、今年の4月末で退所したジャニーズ事務所への想い、去年7月に亡くなったジャニー喜多川さん、今月14日に亡くなったメリー喜多川さんへの想いのほか、今後の活動について、近藤自ら想いを語る。

 また、近藤の初解禁情報について同番組内で発表する。