元乃木坂46で女優の伊藤万理華(25)、俳優の金子大地(24)、松本壮史監督が29日、都内で行われた映画『サマーフィルムにのって』大ヒット御礼舞台あいさつに参加した。

【動画】「全裸で走り回った」銭湯で共演者との“裸の付き合い”を告白した伊藤万理華

 同作は、恋、友情、時代劇、SF、全ての要素が詰まった青春映画。勝新(勝新太郎)を敬愛する高校3年生のハダシ(伊藤)は、映画部で撮りたい時代劇を作れずにくすぶっていた。そんなある日、彼女の前に武士役にぴったりな凛太郎(金子)が現れる。文化祭でのゲリラ上映を目指し、個性的な仲間たちと映画作りをしていく中、ハダシは凛太郎へほのかな恋心を抱き始めるが、彼は未来からやってきたという秘密があった…、というストーリー。

 ハダシと、その親友であるSF好きのビート板(河合優実)、そして剣道の達人ブルーハワイ(祷キララ)との仲も見どころとなる。撮影を通し、3人で仲良くなったそうで「あの状態、そのままの仲のよさ」と伊藤は明かす。思い出を問われると、撮影期間中に撮影地近くにある銭湯でのことを挙げた。

 「3人とも撮影が終わるタイミングが一緒で行ったんです。行ったら湯船が熱すぎて、3人で全裸で湯船の周りを動くみたいな(笑)」と振り返りながら「どうしても疲れを取りたいから湯船に入りたかった。水を桶に足して、3人で順番に掛け合って熱湯風呂に入った」と懐かしむ。「映画と関係なくて、すみません。どうしても話したくて」と恐縮しながらも「それぐらいの裸の付き合いです。久しぶりに会っても撮影の空気と変わらない。映画で出会って2人だけど、これからもかけがえのない存在だし、2人を女優さんとしても尊敬しているのでファンとしても応援しています」と関係値を語っていた。