人間と同じように、猫の中にも障害を抱えた個体がいる。天真爛漫なのに脳の障害のせいで咬みついてしまう猫、近親交配により生まれつき眼球がない猫など、障害もさまざまだ。 NPO法人『ねこけん』では、そんな障害を持つ猫をも、幸せへと送り出してきた。代表理事・溝上奈緒子氏に、ノンタンとメンメの物語を聞いた。

【写真】「目を開けたらなんて美猫!」天使の心を持つノンタン、障害あっても超カワイイ無邪気な姿

■「天使の心を持った猫」、脳に障害あるノンタンを救った決断

 ノンタンは、とても天真爛漫な猫。いつもご機嫌で、遊ぶのが大好き。ご飯を食べるときも嬉しくて嬉しくて、喜びを体いっぱいで表現する。だが、そんなノンタンはおそらく脳に障害があり、耳も聞こえていない様子だった。「それでもノンタンは、世界一と言っても過言ではないほど、かわいい猫さんです」とブログにはつづられている。『ねこけん』では平和な保護生活を送っていたノンタンだったが、実は壮絶な過去があったそうだ。

 「ノンタンは保護された方が飼っていたウサギを咬み殺してしまって。飼い主はノンタンの安楽死を希望し、病院を訪れたそうです。獣医師はノンタンを不憫に思い、『ねこけん』に相談に来たんです」

 “天使の心”を持っているとはいえ、『ねこけん』に来てからも、ノンタンの咬む動作は変わらなかった。ゴロゴロいっていても、突然咬みついてしまため、スタッフもかなり咬まれたという。一度は里親が見つかったものの、咬み癖が怖くなり、結局出戻ってきてしまった。

 ノンタンをどうしたら救えるか――。考えた末に導きだした答えは、抜歯だった。アメリカでは、ノンタンと同じように咬みつく犬を救うため、抜歯した例があったという。ノンタンを助けるためには仕方がないと苦渋の決断をした。

 「健康な歯を抜くのは大変で時間も費用もかなりかかりました。かわいそうだったのですが、ノンタンが幸せに生きるためには、抜歯という選択肢しか残されていなかった」と振り返る。歯がないと日常生活に困りそうなものだが、基本、猫はご飯を丸飲みするそうで、あまり歯は使わないんだとか。高齢になった猫が抜歯することもあるため、歯がなくても普通に生活は送れるという。

 こうして、長らく『ねこけん』での保護生活を送っていたノンタンだったが、抜歯を経て、ついに新しい家族に出会った。譲渡会に訪れたというその家族は、すべての事情を知ったうえで、ノンタンを引き取った。その家族からは、『ねこけん』にもたびたび便りが寄せられている。毎日、ママさんの腕枕で寝て、娘さんのオンライン授業中に大声で参加したり、リビングでみんなと遊んだり、幸せな生活を送っている。

 もう一例、メンメは、近親交配によって眼球がない、盲目の猫だった。数年前、練馬区で49頭もの多頭飼育崩壊の現場から救い出されたそうだ。

 「健康な子は誰もいないんじゃないかというくらい、みんな何かしらの病気を持っていました。そのうちの1頭、メンメはガリガリで眼球がなかったのですが、それでもマシなほうだったんです」。

 レスキューされたメンメは、最初はひたすら隠れていたようだが、『ねこけん』が安心な場所だとわかってくると、次第に心を開き始めた。どうやら、メンメの兄弟たちが「もう大丈夫」と教えてくれたようだ。周りにいる猫たちが、弱い個体を助けることはよくあることだそうで、「猫たちがコミュニケーションを取って、しっかり助け合って生きているという場面には何度も遭遇しました」とのこと。そんな助けもあり、保護されてからのメンメは少しぽっちゃりした元気な猫となった。

 「もともと猫は、あまり目が良くないんです。たとえ目が見えなくても、ここにご飯がある、ここに段がある、ここに爪とぎがある、とわかってくると、見えている状況と変わらず動けるようになります」。

 だが、いくら慣れれば生活に支障は少ないとはいえ、理解してありのままを受け入れてくれる人は現れるのだろうか。そんな不安もあったが、ある日メンメを家族に迎えたいという夫婦が譲渡会に現れた。彼らはメンメの過去と障害をすべて理解したうえで、「ぜひ家族に」と申し出たという。しかもその理由は、「目が見えなくてかわいそうだから」という同情ではなく、「メンメが可愛いから家族に迎えたい」というものだった。

 「メンメがキャットタワーに登れた」「追いかけっこができた」と、その夫婦は涙を流して喜んでいるそうだ。そして、そんな報告を受けた『ねこけん』メンバーも、ほっと胸をなでおろしている。体が不自由でも、問題があっても、飼い主によって幸せになれる。それを証明したようなメンメだった。