お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太、フリーアナウンサーの田中みな実、テレビ朝日アナウンサーの弘中綾香がMCを務めるテレビ朝日系バラエティー『あざとくて何が悪いの?』(毎週土曜 後9:55※一部地域除く)。9月4日からスタートする番組内ドラマ「あざと連ドラ」の第3弾『あざとくないと恋はできない?』の主題歌がTETORAの未発表新曲に決定した。

【写真】あざと連ドラ主題歌を歌うTETORA

 『non-no』専属の人気モデルで、5月公開の映画『藍に響け』に主演した紺野彩夏、櫻坂46で「彼女にしたいメンバー1位」に選ばれる美貌&あざとさを持ち、3rdシングル「流れ弾」で初センターを務めることが発表された田村保乃、ABEMAの恋愛リアリティーショー『オオカミちゃんには騙されない』での小悪魔ぶりが話題となった『non-no』専属の人気モデル・鈴木ゆうか、今年6月に『CanCam』専属モデルとなったアンジュルムのファッションアイコン・佐々木莉佳子が集結。4人がシェアハウスを舞台に、「あざとくないと、ちゃんとした恋愛はできないのか?」がテーマとなる。

 そんな『あざとくないと恋はできない?』の主題歌・挿入歌を、楽曲「今日くらいは」MVのYouTube再生回数が1000万回を超える大阪のロックバンド・TETORA(テトラ)が担当することが決定。完全未発表新曲「言葉のレントゲン」「居酒屋での話」の2曲がW主題歌としてドラマを彩る。TETORAがドラマ主題歌を担当するのは初めてのこと。さらに挿入歌にもTETORAの楽曲が使用されることになっており、ドラマ全体を音楽面で盛り上げていく。

■コメント
【上野羽有音(TETORA Vo/Gt.)】
 『あざとくて何が悪いの?』ショートドラマの主題歌にTETORAを選んでいただいてありがとうございます。当時作曲した時の気持ち以上に、物語一つで曲は心もニオイも形も変化していくのだと思います。放送を楽しみにしています!

【芦田太郎(演出・プロデューサー)】
 それぞれ違った問題を抱えた4人の女性主人公たちの気持ちの揺れ動きや葛藤…。それを音楽で表現するには…と、僭越ながらイメージしてみた時に真っ先に浮かんだのがTETORAさんでした。まさか引き受けてくださるとは!という感動が大きいのですが、ドラマだけでなく音楽も含めて皆様に楽しんで頂ける連ドラに仕上げていきたいと思います。