【東京パラリンピック/トライアスロン男子】
 トライアスロン男子(運動機能障害PTS4)で初出場した宇田秀生が、1時間3分45秒で日本勢初となる銀メダルを獲得した。また、米岡聡もトライアスロン男子(視覚障害PTVI)で銅メダルとなった。

【写真】トライアスロン日本勢初のメダル、宇田秀生と米岡聡

 宇田は高校時代、サッカーの滋賀県選抜で活躍。大学卒業後、2013年に仕事中の事故で右腕を失い、リハビリの一環でトライアスロンを始めた。この日は、スイム(0.75キロ)で10人中8位と出遅れたが、バイク(20キロ)で3位まで盛り返すと、最後のラン(5キロ)で後半もペースを落とすことなくゴールまで駆け抜けた。