俳優の藤原竜也、土屋太鳳、風間俊介、豊川悦司が27日、都内で行われた映画『鳩の撃退法』公開初日舞台あいさつに登壇した。

【写真】背中パックリ…大胆衣装で登場した土屋太鳳

 天才作家・津田(藤原)が富山の小さな街で経験した“ある出来ごと”を元に書いた小説を元に進んでいく物語。神隠しにあったとされる家族、津田の元に舞い込んだ大量のニセ札、囲いを出た鳩の行方、津田の命を狙う裏社会のドン、そして多くの人の運命を狂わせたあの雪の一夜の邂逅…。小説と現実、そして過去と現在が交錯しながら進む物語。この物語は小説(ウソ)か現実(ホント)か。その謎に挑む。

 本作の見どころを聞かれると、風間は「みなさんが経験したことのない経験をしていただけると思います。できれば何度も見ていただきたいです」と謎を解き明かすまで繰り返し見てほしいとアピール。豊川は「藤原竜也くんを軸にオールスターキャストが演技合戦を繰り広げています。小さな役でも存在感がある俳優さんが出ていますので、楽しめると思います」と胸を張った。

 主演の藤原は「豪華なキャストでお客さんを映画の世界に引き込むような監督にオシャレな映画を撮ってもらったと思います。(撮影が行われた)富山の方々にも感謝です。ひとりでも多くの方に見ていただけたら」と公開日を無事に迎えられ、笑顔で語った。

 この日は、堀込高樹、タカハタ秀太監督も登壇。また、出席予定だった西野七瀬は体調不良により欠席した。