ロックバンド・Official髭男dismが、28日放送の日本テレビ系バラエティー『マツコ会議』(毎週土曜 後10:00)に出演する。前回に続く後半戦となる今回は、ヒゲダンがあまり語って来なかったプライベートや悩みに関してマツコ・デラックスが切り込む。

【4ショット】マツコと中継で対面したヒゲダン

 前回の放送では、多彩な音楽性がどのようにして島根の地で培われたか、そのルーツに迫った。マツコならではの考察で、都市部では体験できなかったかもしれない音楽への“枯渇感”また、年齢差のあるメンバーとの関係性についてディープに語り合った。

 普段、私生活や趣味について、メディアで滅多に話すことがない4人。メンバーの口から出てきた、なれないプライベートトークにマツコは「(趣味が)カレー作り、サウナ、釣り…って、ジジイね(笑)。ただ、ワタシだって『休みの日どうしてますか?』って聞かれていつも困ってる…。だって、ゴロゴロして、出前頼んで、風呂入って寝るだけだから…」と私生活トークの難しさに共感する。

 ギターの小笹(大輔)が逆質問で「マツコさんから見て、(ヒゲダンは)こんなことしない方が良い、っていう事ありますか?今、アーティストも人間性で好きになってもらえる時代になってるのかな、と思ってて。だからSNSやりたい時期があって、でも今はちょっと疲れたタイミングなんです」と悩みを明かす。

 マツコは「私は(メディアを通して話す以外に)余計なことを絶対にしないようにしているの。アタシせっかちだし、YouTubeとかSNSとか全部をうまくやるのって無理だと思うのよ。ヒゲダンさんは私生活を見せない方がいい気がする人達。音楽だけを売っていてほしい人たちな気がする。でも…一人だけやるのはありかも!大ちゃんだけSNSやるとかはあり(笑)」とヒゲダンメンバーの個性を見抜いてSNS活用法をアドバイス。

 また前回に引き続き、ヒゲダンの楽曲に関して「なかなかの変態よ…。『Pretender』って、一見そんなに変態っぽく聞こえないのよ。“変態に聞えない変態”の方が、より変態!いろいろなものが出尽くした時代に、こういう歌があるんだって、久々にとんでもない歌を聴いた!」と大絶賛し“ヒゲダン愛”が止まらないマツコだった。