人気デュオ・KinKi Kidsの堂本光一が、9月27日の午前9時からWOWWOWで生中継される『第74回トニー賞授賞式』のスペシャル・プレゼンターに決定した。番組内ではコロナ禍でも前を向き続けたブロードウェイの演劇人の姿を、自身の舞台への想いと重ね合わせて紹介する。なお、光一は2019年にWOWOWで放送した『生中継!第73回トニー賞授賞式』以来、2度目の『トニー賞授賞式』への出演となる。

【写真】えっ、本物だよね? CG化した堂本光一、剣を構える王様に

 米・ニューヨークのウィンター・ガーデン劇場で、約2年ぶりの開催となる『第74回トニー賞授賞式』。今年は2部構成で「ブロードウェイが帰ってくる!」と銘打ち、主要3部門(ミュージカル作品賞、演劇作品賞、演劇リバイバル作品賞)の発表と、ミュージカル作品賞にノミネートされている3作品からのパフォーマンスなどが披露されるライブ・コンサート形式の第2部を、WOWOWではライブ配信・生中継する。

 番組では、ナビゲーターを大阪サテライトスタジオより井上芳雄、東京メインスタジオより宮澤エマが務め『WOWOWミュージカルラウンジ』アンバサダーとして海宝直人が出演する。光一は、井上とともに、ミュージカル『ナイツ・テイルー騎士物語ー』大阪公演で滞在中の大阪からの出演となる。(上演された作品からノミネートされた受賞者を発表する第1部もライブ配信ではスタジオパートは実施しない)。

 光一といえば、今年の2月に自身が作・構成・演出・主演を務める『Endless SHOCK-Eternal-』が、『SHOCK』シリーズとして上演1800回を達成。国内ミュージカルの単独主演回数記録を更新するなど、常に進化を続ける稀代のエンターテイナー。授賞式のスタジオパートでは、ブロードウェイの演劇人にスポットをあてたドキュメントを届ける予定で、光一が彼らの活動を紹介する。

 2020年3月、ブロードウェイの劇場が全面閉鎖され、長引く休演に伴い仕事を失いながらも、不屈の精神で、再開のときを待つ演劇人たちの姿があった。彼らは、苦境にあっても嘆くのではなく、前を向いて、新しい挑戦を行っていた。

 光一自身も『Endless SHOCK』が記念すべき20周年を迎えた2020年に、新型コロナウイルスの影響により公演中止を余儀なくされた。それを受け、演出を変更し、登場人物それぞれにスポットを当てることで物語に深みを与えた『Endless SHOCK -Eternal-』を考案。2020年の9月~10月に続き、2021年2~3月に感染予防を徹底した上で公演を行い、計91公演のロングランを無事に成功させた。

 クリエーター、演出家、俳優として未曾有の事態を経験しながら、その逆境を跳ね返してきた光一が、2020・2021年、公演中止が長く続き、いよいよ復活の時を迎えるという同じ苦境を共有したブロードウェイについて何を感じ、何を語るのか。ブロードウェイの演劇人の不屈の思いを代弁し、世界共通であるエンターテインメントの力、エンタ―テインメントが人々に灯す希望について、光一ならではの視点で視聴者に伝える。

■堂本光一コメント
トニー賞授賞式は、今見ておくべきエンターテインメントが凝縮して見られる、すごく贅沢な時間だと思います。しかし世界中がコロナ禍でブロードウェイも大打撃を受けた事は間違いありません。そんななか、エンターテインメントの灯火を消すまいと前へ進もうとするエネルギーをこのトニー賞授賞式で感じられるのではないかと楽しみにしています。