世界最大のアニソンイベント『Animelo Summer Live』(以下、アニサマ)の『Animelo Summer Live 2021 -COLORS-』が27日、さいたまスーパーアリーナで開催された。男性2人組ユニット・スキマスイッチ(大橋卓弥・常田真太郎)が登場し、アニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』OPテーマ「ゴールデンタイムラバー」などを熱唱した。

【ライブ写真】貴重なコラボも!「アニサマ」DAY1の模様

 そのほか、アニメ映画『ドラえもん のび太の恐竜2006』主題歌「ボクノート」や「全力少年」を歌った。

 『アニサマ』は、2005年『Animelo Summer Live 2005 -THE BRIDGE-』の開催から始まり、3日間で8万超を動員する世界最大のアニソンイベントとして毎夏開催していたが、昨年は新型コロナウイルスの影響により繰り越しに。今年は16回目として2年越しの開催となり、行政・会場からの各日5000人の入場制限に従い、各種のコロナ感染予防対策を徹底した上で27日、28日、29日の3日間開催される。

 初日の参加アーティストは、高橋洋子のほか、スキマスイッチ、THE IDOLM@STER 765プロオールスターズ、大橋彩香、岡崎体育、西川貴教、藍井エイルら17組の予定。今年の『アニサマ』のテーマは、さまざまな色彩と個性を表現した「COLORS(カラーズ)」で、ファンとアーティスト、さまざまな個性と思いが交差するアニサマという色彩豊かなステージを繰り広げる。