人気グループ・ジャニーズWESTの藤井流星、小瀧望が、28日放送のABCテレビ『あなたの代わりに見てきます!リア突WEST』(毎週土曜 深1:10※※『熱闘甲子園』が休止の場合は、深夜0時40分から)に出演する。今回、2人に与えられたミッションは『世界初のアスレチック流しそうめん』を実現させること。スタジオでVTRを見守ったメンバーは「今回、神回やわ!」(重岡大毅)、「全国ネットになってからもう一回見たい!」(中間淳太)、「いい回ですね」(神山智洋)と大絶賛。これまで自らが過酷なロケを体験することが多かった濱田崇裕は「見てる方ってこんなに楽しいんやな!」と泣き笑いする。

【写真】ジャニーズWEST“8月誕生日トリオ”を祝福!いちごたっぷりバースデーケーキ

 同番組はメンバーがペアを組んで日本全国のさまざまな“理解不能”な人や場所、通称『リア突案件』を突撃取材。ネットにも載っていない新事実を解明する体当たりドキュメントバラエティー。また、10月からは毎週日曜午後1時25分から放送時間をお引越し。同グループ初の全国ネットレギュラーとしてパワーアップする。

 2人が訪れたのはアスレチックジム。運動系の企画かと思いきや、現れたリア突相手を前に手渡されたのは“竹”。その男性は『流しそうめんプロデューサー』の肩書を持つ人。メンバーからは「バリ楽しそう!」と嬌声(きょうせい)が上がるが、このロケが実に7時間超かかったと聞いて少し身構える。

 2フロアあるアスレチックジム全体を使って、さっそく超巨大な流しそうめんのルートを作っていくが、藤井と小瀧だけでは太刀打ちできないため、助っ人として竹好きの大学生ボランティアサークル、通称“BAN部”の人たちに手伝ってもらうことに。この日のために綿密にルート構成を練ってきてくれて、真剣な表情を見せるプロデューサーの熱意に打たれ、小瀧に「いつもと違うぞ!」と驚かれるほどのやる気を見せる藤井は「大学生と触れ合うことなんてないから楽しくて!」とテンション高く取り組む。

 しかし、2時間以上たったところで進捗は全体像のわずか10分の1。いつしか集中力も切れた藤井はアスレチックでBAN部と遊び始め、いつの間にかBAN部を仕切りだしたスパルタ小瀧に説教を食らう。タイムリミットまで残り少なくなったところで、リア突での2人との共演を機に、ジャニーズWESTとの縁が続くあのダンサーが助っ人として登場。その体力を生かして、ラストスパートをかける。

 いよいよタイムリミットとなったところで、ようやくそうめんを流せる状態になるが、時間的にチャレンジできるチャンスは1回だけ。スタジオで祈るように手を合わせたりするWESTのメンバーたちに、藤井は「ここからドキュメントが始まります」と予告する。