世界最大のアニソンイベント『Animelo Summer Live』(以下、アニサマ)の『Animelo Summer Live 2021 -COLORS-』が27日、さいたまスーパーアリーナで開催された。トップバッターは歌手・高橋洋子が登場し、アニメ映画『新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 DEATH & REBIRTH シト新生』主題歌「魂のルフラン」を熱唱し、2年越しの『アニサマ』の幕が開けた。

【ライブ写真】コロナ禍超え復活!「アニサマ」DAY1の模様

 『エヴァ』の映像とともに「魂のルフラン」を劇中のキーアイテム「ロンギヌスの槍」を持ちながら歌いあげると高橋は、ペンライトで真っ赤になった観客席に向かって「みなさん、お待たせしました!」とあいさつし、「みなさん、いろんなことがあった、言い尽くせないことがあった1年だったと思います。ここに来られない仲間もいると聞き、複雑な気持ちもございますが、精いっぱいパフォーマンスをしたいと思います!」と意気込み。

 そして、シリーズの名曲、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』OPテーマ「残酷な天使のテーゼ」を熱唱した高橋。「みなさんありがとうございます! どうぞ最後までお楽しみください!」と呼びかけた。

 『アニサマ』は、2005年『Animelo Summer Live 2005 -THE BRIDGE-』の開催から始まり、3日間で8万超を動員する世界最大のアニソンイベントとして毎夏開催していたが、昨年は新型コロナウイルスの影響により繰り越しに。今年は16回目として2年越しの開催となり、行政・会場からの各日5000人の入場制限に従い、各種のコロナ感染予防対策を徹底した上で27日、28日、29日の3日間開催される。

 初日の参加アーティストは、高橋のほか、スキマスイッチ、THE IDOLM@STER 765プロオールスターズ、大橋彩香、岡崎体育、西川貴教、藍井エイルら17組の予定。今年の『アニサマ』のテーマは、さまざまな色彩と個性を表現した「COLORS(カラーズ)」で、ファンとアーティスト、さまざまな個性と思いが交差するアニサマという色彩豊かなステージを繰り広げる。