女優・二階堂ふみが主演を務めるTBS系ドラマ『プロミス・シンデレラ』(毎週火曜 後10:00)の第8話が、きょう8月31日に放送される。

【場面カット】壱成との距離が近づいた早梅だが…

 原作は、小学館の漫画アプリ『マンガワン』に連載中(隔週月曜更新)の同名漫画。夫から一方的に離婚を告げられ、無一文、無職、宿無しになった人生崖っぷちのアラサーバツイチ女子・桂木早梅(二階堂)が、金持ちでイケメンだが性格のすこぶる悪い男子高校生に目をつけられ、金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”を繰り広げていく物語。

 金持ちで性悪の高校生・片岡壱成を眞栄田郷敦、高級老舗旅館「かたおか」の御曹司であり壱成の兄でもある片岡成吾を岩田剛典が演じ、二階堂ふみ演じる主人公・早梅と三角関係を演じる。

■第8話のあらすじ

花火大会当日。早梅(二階堂ふみ)の浴衣姿に思わず見とれてしまう壱成(眞栄田郷敦)。早梅との距離をなんとか縮めたい壱成だが、行動に移す勇気はない。そんな壱成の思いなどまったく気づかない早梅は、子どもの頃以来の露店で大はしゃぎ。「借金マイナス10万円」をかけた射的勝負が始まる。

同じ頃、成吾(岩田剛典)は会場の詰め所で運営委員たちと酒宴を開いていた。そこに菊乃(松井玲奈)が現れ、何を企んでいるかわからない彼女に成吾は不安を覚える。

一方、射的勝負を終えた早梅と壱成。早梅が足をケガしたことで2人は休憩することに。早梅の浴衣姿を「キレイだ」と褒める壱成に、急にドキドキする早梅。 2人の距離は一気に近づくが…。