日本、韓国、中国から33人ずつ計99人が参加するグローバルガールズグループデビュープロジェクト『Girls Planet 999 : 少女祭典』(毎週金曜 後8:20)の第4話が、きょう27日にABEMAで日本語字幕付きで無料放送される。

【動画】「コネクトミッション」後半戦がスタート!『ガルプラ』第4話予告

 現在行われている「コネクトミッション」では、K(韓国)グループ、C(中国)グループ、J(日本)グループの各地域から1人ずつの3人1組で構成された33個のCELL(セル)のうち、半数近い16セル・合計48人が脱落する。ただし、脱落者の中からマスター(審査員)たちの協議によって、K・C・J各グループから1人ずつを復活させる「プラネットパス」が与えられることから、このミッションでは45人が脱落することになる。

 99人の参加者がK-POPを通じてつながるという意味を持つ「コネクトミッション」では、3つのセル計9人が1つのチームとなり、ステージパフォーマンスを作り上げていく。課題曲はBLACKPINK「How You Like That」、IZ*ONE「FIESTA」、OH MY GIRL「五番目の季節」、TWICE「YES or YES」の中から同じ曲を選択した2チームが対決。勝利チーム全員に、グローバル投票締切前24時間の間、投票された票数が2倍となる。また、男性グループのEXO「The Eve」、BTS「MIC Drop」、SEVENTEEN「Pretty U」を選んだ3チームによる対決で勝利すると、前出の投票数が3倍となるベネフィット(特典)が与えられる。

 YouTubeの番組公式チャンネルで公開された予告映像では、「コネクトミッション」後半戦の様子が映し出され、参加者たちのパフォーマンスに対し、マスターたちが「圧倒された」「最高でした」「見事な逆転劇だ」と驚きの表情を見せる。Jグループのシグナルソング評価ランキング1位でセンターを務めた江崎ひかる、元JYP練習生の坂本舞白など、注目の参加者が続々と登場するが、果たして、どのようなパフォーマンスが披露されるのか、誰が称賛を得たのか注目だ。

 YouTubeでは「コネクトミッション」に挑む99人の個人動画も公開。8月27日時点では、TOMORROW X TOGETHERのメンバー・ヒュニンカイの妹であるヒュニン・バヒエの動画が220万回再生を突破。江崎の動画は150万回再生を突破する反響を呼んでいる。