俳優の舘ひろし演じる鷹山敏樹“タカ”と柴田恭兵演じる大下勇次“ユージ”。キザでクールな2人が繰り出す派手なアクションに軽妙洒脱なジョーク、そして都会的なファッション…、スタイリッシュかつコミカルな刑事ドラマの最高峰として、現在も根強い支持を受け続けている“あぶデカ”こと『あぶない刑事』シリーズ。このたび、HDリマスター版Blu-rayが来年発売されることになり、なんとタカとユージのフィギュア化が実現する。

【画像】サングラスを外した表情や場面写真も

 今回、フィギュア付き完全予約限定生産ほか全5商品が2022年9月14日にリリースされることが決定。フィギュアは、原型・彩色ともに公式監修のもと、マックスファクトリーが展開する「figma」として、模型メーカー・トミーテックが企画・製造。figmaは、PVCスタチューと可動フィギュアがそれぞれ実現していた「美しさ」と「可動」の2つを両立させた新世代アクションフィギュアシリーズだ。

 タカのフィギュア付きで発売されるのは、『あぶない刑事Blu-rayBOX VOL.1』(4万1800円※税込)。タカが愛用するマグナムリボルバーとバックアップガンやスポーツドリンク瓶を用意し、劇中に登場するぬいぐるみ爆弾やソフトクリーム、警察手帳、タバコを持った手などの小物が付属。

 ユージのフィギュア付きで発売されるのは、『もっとあぶない刑事Blu-rayBOX』(4万1800円※税込)。ユージが愛用するリボルバーや缶コーヒーを用意。劇中に登場する白い粉(砂糖)、アタッシュケース、警察手帳、タバコを持った手などの小物が付属する。

 どちらも全高約16センチ。表情は3Dインクジェット印刷を駆使し、リアリティを追求。サングラスver.の交換フェイスパーツも付属し、さまざまなシーンの再現を可能にする可動支柱付きの専用台座が同梱される。このフィギュア付き限定商品は完全予約限定生産。予約締切は、今年(2021年)10月26日となっている。

 このほか、フィギュアなしの3商品、『あぶない刑事Blu-rayBOX VOL.1』(3万800円※税込)、『あぶない刑事Blu-rayBOX VOL.2』(3万800円※税込)、『もっとあぶない刑事Blu-rayBOX』(3万800円※税込)を発売予定。

 『あぶない刑事』(51話)は、1986年に日本テレビ系で放送開始となり、88年には2作目『もっとあぶない刑事』(25話)が製作され、最高視聴率は26.4%を記録。映画化もされ、3作品が上映されるなど、80年代を語る上で欠かせない伝説の大人気テレビドラマとなった。90年代、00年代もその人気ぶりは衰えを知らず、テレビスペシャルと2作の劇場版が公開。2016年には、放映開始30周年を記念して製作された映画『さらば あぶない刑事』がヒットした。劇場版全7作の総興行収入は約100億円を突破している。今年は、放送開始から35周年となり、パチンコに登場。そして、満を持して放たれる決定打アイテムが、今回のBlu-ray&タカとユージのフィギュアとなる。

公式サイト:https://www.toei-video.co.jp/special/abudeka_bdbox/