俳優の青木涼が27日、都内で行われた映画『夢判断、そして恐怖体験へ』の初日舞台あいさつに出席した。

【写真】芦川よしみも登壇した舞台あいさつ

 精神分析の手法“夢解き”がテーマの本作は、不思議な夢や心霊現象の真相が“リーディング”で解明されるさまを描くショートストーリー集。青木は、主人公で謎の心理カウンセラー・神山圭治を演じた。

 コロナ禍のなか、無事に封切りを迎えた青木は「初めて主演という形で映画に携わらせていただいて、初日を迎えられたことにホッとしています」と感無量の表情であいさつし「最初はどうなるんだろうという気持ちもあったんですが、共演者の方のお力も借りてお役目を果たすことができました」と胸を張った。

 今までの人生では「夢というものが、セピア色というか白黒だった」と話しつつ、初主演映画の撮影を経て「その夢がカラフルになって、匂いとか風がすごくリアルになった」と笑顔で話していた。

 舞台あいさつにはそのほか、芦川よしみ、奥津貴之監督が出席。ヒロイン役の山岸芽生は、新型コロナウイルスに感染した知人の濃厚接触者と判断されたため欠席。本人は陰性で体調も良好とのこと。