日本映画界を長年支えてきたアニメーター・安藤雅司の初監督作品『鹿の王 ユナと約束の旅』が、新型コロナウイルスの感染拡大にともない9月10日の公開を延期することが26日、東宝より発表された。同作はもともと昨年9月18日に公開予定だったが諸般の事情で延期されており、今回が2度目の延期となる。

【動画】『鹿の王』主題歌「One Reason」コラボPV

 今後の公開予定は決定次第、東宝の公式サイトで告知される。

 本作は、2015年度本屋大賞、日本医療小説大賞をW受賞した、上橋菜穂子氏のベストセラー巨編「鹿の王」を、日本アニメ界を支えてきたトップクリエイターたちの手により映画化。制作スタジオは、国内外から高い評価を受けハイクオリティな映像作品を世に送り出し続けるProduction I.G。監督は、『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『君の名は。』という、邦画の歴代ランキング上位5作品のうち3作品の作画監督を全て担ったトップアニメーターの安藤氏で、初監督・キャラクターデサイン・作画監督を務める。