新型コロナウイルスに感染し入院していたタレントの野々村真(57)が25日、自身のYouTubeチャンネルで退院したことを報告した。

【写真】11歳の頃の初々しい香音 “野々村一家”との家族ショット

 野々村は「7月の末に新型コロナウイルスに感染し、自宅療養をしておりましたが、その後に保健所の許可をいただきまして、病院に入院することになり、この度無事に退院したことをご報告させていただきます」と報告。

 また、「入院中は精神的にも肉体的にも苦しい日々が続きましたが、24時間、医療従事者の皆さんが献身的に治療や看護をしてくださり、そのおかげで命を救っていただくことができました。本当に、医療従事者の方々には感謝しかありません。そしてYouTubeをご覧いただいている皆様にも励ましの言葉をいっぱいいただき、それにも本当に勇気づけられ、頑張ってコロナと闘うことができました。本当に感謝しております」と語り、何度も頭を下げた。

 「色々な検査の数値も安定し、もう大丈夫ということを聞いたので、今回、退院することができました」として「皆さんにこんなにも応援していただいていることを改めて感謝し、仕事をまた一生懸命頑張っていきたいと思います」と語っている。

 野々村は7月31日、新型コロナウイルスに感染したことを所属事務所を通じ発表していた。