人気アイドルグループ・日向坂46の東村芽依、影山優佳、松田好花が、スポーツ配信サービス「DAZN」が配信するサッカーAFCアジア予選の応援アンバサダーに就任することが決定した。2021年9月から2022年3月末までの約7ヶ月間にわたる激しい戦いに挑む日本代表を全力で応援するべく、『やべっちスタジアム』をはじめとするDAZNオリジナルコンテンツに出演するほか、DAZNならびにグループ公式SNSを通じて情報発信していく。

【別カット】ユニフォーム姿が可愛い!影山ら応援アンバサダー

 サッカーフリークの影山が、観戦初心者の東村&松田にサッカーの魅力やAFCアジア予選と日本代表の見どころなど、2022年3月までの予選期間中を通して伝授していくYouTubeオリジナルコンテンツも展開。初回の企画では、影山がサッカーのポジションや日本代表メンバーを日向坂46のメンバーに例えながら、9月2日のオマーン戦、9月7日の中国戦に向けて、注目選手や見どころを紹介していく(DAZN公式YouTubeにて近日公開予定)。

 3人は「DAZN AFCアジア予選 - Road to Qatar - 応援アンバサダーに就任させていただき、とても光栄です! 日向坂46の代表として私たちが9月から始まるアジア最終予選の面白さをたくさんの方々にお伝えしていければと思います!そして、日本のサッカー文化の発展にも貢献できるよう頑張りますので、一緒に盛り上げていきましょう!」とコメントを寄せた。

 また、DAZNでは日本でのサービス開始5周年を記念し、9月7日までの申込みで6ヶ月間の月額基本料が通常の約半額の980円(税込1,078円)で、全コンテンツを視聴できる期間限定特別価格キャンペーンを実施中。