スーパー銭湯のアイドル・純烈(後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平、酒井一圭)が26日、都内で行われた映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』(9月10日公開)完成披露舞台あいさつに参加した。

【動画】純烈ジャーも登場!主演映画制作秘話を明かす酒井一圭

 後上は「映画になったのは、皆さんの力。また、個別で話せるイベントの時に、いろいろ聞かせていただきたい。不思議な感覚でいます」としみじみ。白川は「去年、コロナ禍でなかなかコンサートができなくて、なかなかファンの皆さんと会うこともできなかった。こうして『純烈ジャー』で、主演で映画をやらせていただいている。ファンの皆さんと喜びを分かち合える作品ができて、うれしく思います」と振り返った。

 小田井は「やっと、皆さんに見ていただけた。コロナ禍とはいえ、ちょこちょこライブをやらせてもらえるようになった。その中で映画の話をするんですけど、公開前で言える情報と言えない情報があった。やっと中身を踏まえての話もできる。撮影秘話も聞けると思いますので、ぜひ純烈のコンサートにも足を運んでください」とニヤリ。酒井は「健康センター、キャバレーで頑張っているころからファンの皆さんに応援していただいて紅白歌合戦にも出場させていただいた。『紅白の向こう側』と思い描いていた構想が、この『純烈ジャー』でございます。純烈が初主演。きょう、ご覧いただける日が来たのは、僕の夢でもありました。感謝の1日です」と万感の思いを語っていた。

 製作にあたっての経緯も。酒井は「20年前に僕たちは『ガオレンジャー』、『仮面ライダー龍騎』、『ハリケンジャー』という作品で1年間、地球の平和を守ったりしながら仲間に、スタッフの皆さんに囲まれて、ヒーロー大好きな方、子どもたちに支えてもらった。その現場で出会った仲間と10何年後かに純烈を組むことになり、今度はマダム、カラオケファンのお父さんに応援してもらえるようになった」と純烈のこれまでを回顧。

 ただ、昨年のコロナ禍で主戦場としていたスーパー銭湯でのイベントも中止が相次ぐことに。「ちょうどコロナになってしまって、グループの存続も、どうするべきかと考えた。このまま負けてたまるか、という気持ち。スケジュールがなくなったのであれば、空いてるスケジュールの中で撮影できる世の中になるのであればということで2020年の3月の上旬に、きょうの司会の山本康平くん、中野(剛)プロデューサーに集まっていただいて『純烈のスケジュールが空いたけど以前からの夢だった東映の撮影所でヒーローの映画を作れないか。その素晴らしさをマダムの皆さんにも(届けたい)。演歌歌謡曲とヒーローが合体した映画をやりたい』というのがキッカケ』と裏話を熱っぽく口にした。

 そんな酒井の思いを聞いた際の感想について白川は「正直、ギャグかなと思った。また、ウソをついているのか、と。このグループは、ウソから出たグループなんでね」と笑う。それでも「企画書をいただいた。変身後のスーツアクターの映像も見させていただいて『本当なんだ』と。スタッフの皆さんも一流の方が集まって作っていただいた作品。一生懸命やらないとバチが当たると思い、一生懸命やらせていただいた」と転んでもタダでは起きない酒井の姿勢に驚いていた。

 歌謡界のスターダムである純烈のメンバー。それは世を忍ぶ仮の姿で、実は皆の憩いの場となる温泉施設の平和を守るヒーロー“純烈ジャー”として、人知れず温泉の平和を乱す悪と戦っていた。ある時、全国の温泉でイケメンが行方不明になるという怪事件が多発し、話題となるが、事件性が見られないことから警察の捜査は見送られてしまう。温泉の危機を感じ取った純烈のメンバーは、独自に捜査を開始するが…、というストーリーとなっている。