俳優の二宮和也が、嵐の活動休止以降、初主演する映画『TANG タング』(2022年夏公開)より、二宮扮する人生に迷うダメ男・健と、記憶を無くしたへっぽこロボット・タングのポンコツコンビのかわいらしいビジュアルが解禁。超特報!何度も繰り返し見たくなる愛らしい、ポンコツコンビの映像が公開された。

【動画】映画『TANG タング』超特報映像

 ゲーム三昧で妻に捨てられた、ダメ男・春日井健(かすがい・けん)。わけあって無職で人生に迷子中。ある日、健の家の庭に突然現れたのは、記憶を無くした迷子のロボット。どこからきて、何のためにやってきたか分からないそのロボットは自分の事を”タング“と名乗った。この迷子同士の運命の出会いが、まさかの驚きにみちた壮大な冒険の幕開けだった! まったく息の合わない、ポンコツだけど最強!? いまだかつてないコンビが、日本中を笑顔と感動で包み込む。

 へっぽこのロボット“タング”に命を吹き込んだのは、『STAND BY ME ドラえもん』や『シン・ゴジラ』などを手掛ける日本を代表するVFXプロダクション「白組」。最高峰のVFX技術によって生み出されたタングは、ロボットなのにうるんでいるように見える瞳と決して最新とは言えないポンコツ具合に、誰もが自分の側にいてほしいと思う愛らしさと、思わず支えてあげたくなる愛おしさを感じさせる。

 一方の健は、ぼさぼさの髪にヨレヨレのTシャツ、左右違うサンダルと靴下…とダメ男そのもののルックス。そんな健のシャツをつかんで離さないタングの姿はキュートで、愛らしさ満点だ。

 本作は、ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれた、イギリスのハートウォーミング小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」を原作としており、原作者のデボラ・インストールも「思わずタングをハグしたくなる! 健もすべてが完璧で、二宮さんの表情や姿勢など、見事に演じてくれると確信した」と大絶賛している。

 あわせて解禁となった超特報では、健について歩いていくも疲れてしまって立ち止まるタング…見かねた健が抱き上げようとした瞬間、大好きなてんとう虫を見つけて走り出していくその姿から、へっぽこなのに憎めないタングのかわいらしさが伝わってくる。タングを見失い、周りを探す健と、周りが見えなくなって、挙句、健にぶつかってしまうタング。ポンコツで、ほっとけないこのコンビに、つい笑顔がこぼれてしまう。

 この映像にも原作者のデボラは「アメージング!」と大喜び。「あまりのかわいさに、興奮して口を開けてみてしまいました」と太鼓判を押している。

 監督は、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『フォルトゥナの瞳』の三木孝浩。脚本は、ドラマ『着飾る恋には理由があって』『恋はつづくよどこまでも』の金子ありさがそれぞれ担当している。

■健(二宮和也):妻に捨てられた、人生に迷子の男
【性格】口が達者で、お調子者。 
【特技】シューティングゲーム世界ランキング3位。
【好きなもの】コーヒー。
【悩み】妻に捨てられて、家を追い出された…

■タング:記憶を無くした迷子のロボット
【性格】人懐っこく、好奇心旺盛でわがまま。都合が悪くなると休止モードで寝たふりをする。
【口グセ】「ターング!」
【好きなもの】テントウムシ。
【秘密】胴体の「No.3」のペイントの意味は…

Based on “A ROBOT IN THE GARDEN” by Deborah Install Copyright (C) 2015 by Deborah Install Licensed by Deborah Install c/o Andrew Nurnberg Associates, London through Tuttle-Mori Agency, Inc. ,Tokyo