劇作家・つかこうへいさんの長編小説『二代目はクリスチャン』を原作に脚本・演出を横内謙介氏、企画を見城徹氏が手掛ける舞台『扉座版 二代目はクリスチャン ―ALL YOU NEED IS PASSION―』が10月21日から東京・すみだパークシアター倉で上演される。スペシャルゲストとして、女優・石田ひかりの出演が決定した。

【写真】「8歳です」若返りアプリを使用した石田ひかり

 『二代目はクリスチャン』は今作は、つかさんが1985年に発表した小説で、同年に井筒和幸監督、志穂美悦子主演により映画化され大ヒット。今回、つかさんの七回忌を期して、つかさんとの出会いによって劇作家の道を歩んだ横内謙介氏がその魂を継承し、令和版として書き下ろし演出。限りなく新作に近いオマージュ作品となった。石田は今回、この『二代目はクリスチャン』の主人公・シスター今日子のその後を演じる。

 石田は「わたしの初舞台『飛龍伝'94 』から27年が経ちました。共演者の皆さんがあまりに面白くて、若かったわたしは稽古場でも本番でも(!)、本気でゲラゲラ笑っておりました。そんなわたしを見て『そんなにこれが面白いか! お前の私生活はそんなにつまらんのか! 家で笑ってから来い!』とおっしゃっていた笑顔や、つかさんと過ごした全ての時間は永遠にわたしの中に存在し続けます」と、つかさんとの思い出を回顧。

 その上で「あれから27年。つかさんの世界に呼び戻してくださった幻冬舎の見城さんに感謝します。そして、実直に演劇に向き合って来られた横内さんの演出を通して、つかさんのセリフの中に生きられることを、とてもとても楽しみにしております。『扉座版二代目はクリスチャン』どうぞご期待ください!」と呼びかけている。

【つかこうへい「二代目はクリスチャン」あらすじ 】
神竜組の親分が何者かに殺された。
その跡目を継ぐのは 聖サフラン教会の清楚可憐なシスター今日子だった。
流れ者の英二に運命を感じる今日子。今日子に恋心を寄せる県警刑事。そして、神竜組の組員達と神竜の金看板を狙う黒岩会! 血で血を洗う抗争が 今!
神戸六甲に吹き荒れる仁義なき戦い。神竜組二代目シスター今日子はついに黒岩会に乗り込む!
「悔い改めてえ奴は十字を切りやがれ。でねえと一人残らずたたっ斬るぜ」

【扉座版 『二代目はクリスチャン』あらすじ】
20年前に抗争に巻き込まれて死んだ組長で夫・神竜政五郎の仇を撃って、敵対組員たちを射殺、懲役20年の刑に服役、ヤクザ苦境のこの時代にあえて神竜組二代目として組を再建する覚悟で刑期を務め終え出所した今日子 。
元組長と出会うまでは教会に暮らす清楚可憐な修道女だった今日子。
出所を待ちわびた組員達は……今日子の前に再び嵐が吹き荒れる。