人気グループ・King & Princeがメインパーソナリティーを務めた日本テレビ系毎夏恒例『24時間テレビ44 想い~世界は、きっと変わる。』について、21日午後6時半から22日午後8時54分までの番組平均視聴率が個人7.0%、世帯12.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが23日、わかった。個人は歴代22位、世帯は29位タイ。

【写真】『24時間テレビ』キンプリのLINEスタンプが登場

 今年のテーマは『想い~世界は、きっと変わる。』。昨年と同じく両国国技館(東京)より無観客で生放送され、対面募金は実施しなかった。このほか、チャリティーパーソナリティーに菅野美穂、スペシャルサポーターにチョコレートプラネット、24時間テレビサポーターに徳光和夫、総合司会に羽鳥慎一、水卜麻美アナウンサーが出演した。

 瞬間最高視聴率は「復興への想いをつなぐ募金リレー」のゴール(21日午後8時49分)で、個人16.0%、世帯23.4%を記録した。恒例企画の公道を使ったマラソンも中止となり、東日本大震災をはじめとしたさまざまな被災地への支援を行ってきた芸能人やアスリートによるチャリティーリレー企画を実施。第1走を務めたKing & Princeの岸優太をはじめ、水谷隼、荒川静香、川井梨紗子、川井友香子、五郎丸歩、田中理恵、長谷川穂積、丸山桂里奈、林咲希、城島茂の11人が想いをつなげ、100キロの距離を走り抜いた。

 昨年放送された『24時間テレビ 43』は、8月22日午後6時半から23日午後8時54分までの番組平均視聴率が個人8.8%、世帯15.5%(同)だった。