テレビ東京系の連続ドラマ枠「ドラマプレミア23」第3弾として、野村宗弘の「うきわ」(小学館ビッグスピリッツコミックス)を原作とした『うきわ ―友達以上、不倫未満―』(毎週月曜 後11:06)が放送中。第3話(23日放送)は?

【動画】『うきわ―友達以上、不倫未満―』第3話予告

 これまで平々凡々に生きてきた、自称“可もなく不可もない”主人公・中山麻衣子役に門脇麦、麻衣子の隣室に住んでおり、麻衣子の夫の上司でもある二葉一役に森山直太朗。ベランダでの会話を機に仲良くなる麻衣子と二葉さん。二人の共通点は配偶者に浮気されていることだった。お隣同士のサレ妻とサレ夫。二人の距離は、不倫まで壁一枚…第3話、二人の関係が大きく動き出す。

 麻衣子の夫“たっくん(中山拓也)”(大東駿介)と愛宕さん(小西桜子)の朝帰りに出くわした麻衣子(門脇)と二葉さん(森山)。2人は仕事上のトラブルに駆り出されただけで、誤解だと釈明。しかし、そんな釈明をよそに、麻衣子は嫉妬や不安とは違うある感情が自分に芽生えていることに気が付く。それは、二葉さんへの思いで…。

 そして、麻衣子と二葉さんの距離が急接近していく中、二人に目を光らせる人物が。二葉さんは変な噂がたって迷惑をかけるといけなからと、立ち話は控えようと麻衣子に告げるが、顔を見て話す機会を失い、ショックを受ける麻衣子。顔を見て話がしたい、でもできない…、そんなもどかしい二人だったがベランダでの会話を通して絆を深めていく。

 そんな中、麻衣子へ寄り添いたい思いで、二葉さんの口を突いて出た「今度ごはんでも食べにいきましょうか」が二人の関係を大きく動かすことに…。2人はお店を選びながら、初めてのデートを心待ちにする。