俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』の第25回「篤太夫、帰国する」が22日、放送された。

【場面写真】栄一の妹・ていとおでこをコツン 再会を誓ったが…

 飯能戦争に参戦していた平九郎。しかし、味方と散り散りになってしまい、けがを負い、最終的には新政府軍に見つかり、銃弾に撃たれ、最期は自刃して果てた。

 平九郎の最期のシーンにSNSでは「死んでほしくなかった」「魂の演技がすごかった」「涙が止まらない…」「日本もさまざまな痛みを負ってここまできたんだなあと思う」など、岡田の演技の姿勢や演出に多くの反響が集まっている。

 今回、帰国した篤太夫は、横浜で杉浦(志尊淳)や福地(犬飼貴丈)らと再会。幕府が薩長に敗れた経緯や、慶喜(草なぎ剛)や幕臣の動向を聞かされる。さらに、恵十郎(波岡一喜)と虎之助(萩原護)から、成一郎(高良健吾)、惇忠(田辺誠一)、平九郎のその後を知らされる。

 成一郎らは彰義隊を結成するもすぐに分裂し、振武軍(しんぶぐん)として新政府軍と戦うが敗戦。激闘の中、平九郎の行方はわからなくなり、成一郎や土方歳三(町田啓太)は箱館へ向かったという。頭の中が整理できない中、篤太夫は故郷・血洗島へ戻る…という内容だった。