スーパー銭湯のアイドル・純烈(後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平、酒井一圭)の銀幕デビュー作、映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』(9月10日公開)の前日譚を描くスピンオフドラマ『純烈のラブ湯~全国名湯巡り』第3話が、本日(22日)より東映特撮公式スマートフォンアプリ「東映特撮ファンクラブ」(TTFC)で配信開始となった。そして、前日譚の最終話が、9月5日より配信開始となるのに先駆け、場面写真が解禁された。ついに現れた巨大怪獣・ギャラスと純烈ジャーが巨大戦を繰り広げる。

【場面写真】純烈の入浴シーンもみどころ

 最終話では、後上を除く純烈の3人は純烈ジャーに変身して巨大化し、ギャラスに挑む。だが、全員そろっていない純烈ジャーは苦戦を強いられる。やはり純グリーンもいないとだめなのか…。そこに現れたのは、緑の戦士、スーパー・ササダンゴ・マシン・ジャイアント!? 純烈ジャーはギャラスを倒し、主役らしくラストを飾ることが出来るのか!?

 今回制作を担当している特撮研究所が本領発揮。スーパー戦隊シリーズの巨大ロボ戦を彷彿とさせる、大迫力のバトルシーンが見どころだ。スーパー・ササダンゴ・マシン・ジャイアントも加わって、三つ巴のスーパーバトルを繰り広げる。そして、湯沢温泉の大露天風呂をレポートする純烈の4人の入浴シーンもファン必見。

 映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』で初めてヒーローに変身する後上以外のメンバー3人は東映特撮出身。TTFCでは、彼らの原点ともいうべき東映特撮作品である『百獣戦隊ガオレンジャー』(酒井が牛込草太郎/ガオブラック役で出演)、『忍風戦隊ハリケンジャー』(白川が霞一甲/カブトライジャー役で出演)、『仮面ライダー龍騎』(小田井が北岡秀一/仮面ライダーゾルダ役で出演)も全話配信中。