女優の山田杏奈が主演する映画『ひらいて』(10月22日公開)の場面写真(5点)が解禁となった。山田演じる主人公・愛の、淡いピンク色が綺麗な折鶴が舞う中で誰かを真っ直ぐと見つめる表情や、作間龍斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)が演じる愛が密かに恋心を寄せるたとえ、芋生悠演じるたとえの“秘密の恋人”美雪と愛の顔が超近づく場面など、これから起こる歪(いびつ)で複雑に絡み合う三角関係の行方が気になるカットばかりだ。

【場面写真】どことなく謎めいた雰囲気のたとえ(作間龍斗)

 本作は、芥川賞作家・綿矢りさが、高校生の思いつめた恋心、暴走する想いを描き、人間の根源的な愛を問う文芸少女のバイブルとなった小説を、新進気鋭の26歳、首藤凜の脚本・監督で映画化。

 学校でも優等生でビジュアルも良く人気者の愛は、同じクラスのたとえにずっと片思いをしていた。彼はクラスでも目立たず、教室でもひっそりと過ごす地味なタイプの男子。だが寡黙さの中にある聡明さと、どことなく謎めいた影を持つたとえに、愛はずっとひかれていた。自分だけが彼の魅力を知っていると思っていた。しかし、彼には秘密の恋人“美雪”がいることを知ったことで、事態は一変する。

 私だけが彼を好き。でも、入り込めない。それなら、“好きな人の好きな人”を奪えばいい――恐れを知らない愛の熱い恋心は、彼の“恋人”にまで向けられ、物語は三角関係だけにとどまらない方向へと進んでいく…。

 解禁された場面写真の愛と美雪の超接近カットは、持病の糖尿病により倒れてしまった美雪に愛がジュースを口移しで飲ませようとしているところ。美雪の手をとり文化祭のリハを抜け出す愛に花束を渡すクラスメイトの多田(田中偉登)の姿もある。周りを巻き込みながら動き出す恋のトライアングル。少女たちの切実で、熱く、ゆがんだ恋物語にドキドキしてくる。