お笑い芸人の明石家さんまが、21日放送のMBSラジオ『ヤングタウン土曜日』(毎週土曜 後10:00)に出演。解散した雨上がり決死隊に触れ、「長く説得というか、復活してほしいために動いていた」と明かした。

【写真】宮迫博之の長男・陸くんが芸能界デビュー! 親子でCMナレーション

 さんまは「去年の9月に舞台をやる予定だったけど、コロナで流れた。そこで『宮迫(博之)と蛍ちゃん(蛍原徹)で漫才をしてほしい』と、宮迫はOKだったけど、蛍ちゃんに『5分だけでいいから』と軽くお願いをしてしまった」と“コンビ復活の場”を画策していたことを告白。

 しかし、コンビ解散を真剣に考えていた蛍原は「次の週に会ったらゲッソリと痩せていた」といい「後々考えると、蛍ちゃんは辞めたい、今はやりたくないと思ってるのに、俺が頼んでしまった。何ヶ月後にその話を聞いて『すまん、蛍ちゃん』と。(蛍原から)『今はすいません、できません』という話になった」と後悔の念をにじませる。

 さらに「蛍ちゃんに多大な迷惑をかけた」と謝罪すると「蛍ちゃんの気持ちを簡単に考えすぎた。あそこまで悩んでるとは夢にも思ってなかった」と語った。

 コンビ解散は「4月くらいに聞いていた」といい「宮迫から連絡があった。『蛍ちゃんとコンビをカムバックしたほうがええぞ』と言ったけど、(宮迫は)『蛍原の性格はよく分かっています。蛍原はこの考えは改めません』と言っていた」と、やり取りを振り返っていた。