女優の伊藤沙莉とお笑いコンビ・ラバーガールの大水洋介がダブル主演した短編映画 『HOME FIGHT』が、リリー・フランキーの主演映画『その日、カレーライスができるまで』(9月3日より順次公開)と同時上映されることが発表された。この2作はともに齊藤工が企画プロデュース、清水康彦が監督を務めている。

【動画】映画『その日、カレーライスができるまで』新予告

 『HOME FIGHT』は、2020年、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言下、齊藤工が清水康彦らとともに始動したリモート映画制作プロジェクト「TOKYO TELEWORK FILM」(TTF)の第3弾作品として、清水監督・脚本・編集、伊藤&大水出演でリモート制作された。リモート画面でつながった兄妹2人の会話のみで構成される意欲作で、大水の独特の雰囲気と、伊藤のテンポ良いせりふ回しでコミカルな家族ドラマが描かれる。

 伊藤は「リモートならではの手法でリモートならではの掛け合いをしてリモートならではの奇跡が起きまくった、本当にあの時あの状況でしか撮れない作品だったと思います。いろんな意味で忘れられない一作をまた皆様に観ていただけることを本当にうれしく、有り難く思います」と、コメント。

 大水も「劇中では妹役の伊藤沙莉さんですが、撮影の時は僕のボケやリモートならではのハプニングを母のような包容力で全て面白い方向に持っていってくれました。同じ事は2度とできません。そんな奇跡的な作品になっています」と、2人とも「奇跡」という言葉を使っている。

 『その日、カレーライスができるまで』は、リリーがほぼワンシチュエーションの一人芝居に挑戦。日本の一家団らんの象徴ともいえる家庭の味=カレーライスと、電波を通じて誰かと誰かを繋いでくれるラジオが、ひとりの人生、ひとつの家族にもたらすちいさな奇跡の物語を描いた作品。

 こちらの作品について、伊藤は「カレーの完成が近付くにつれてリリーさんに、物語に、どんどん引き込まれていきました。近いのに遠い。遠いけど近い。冷たくて暖かくて、胸が締め付けられました。あのカレー、絶対に最高においしいです」と感想を述べている。