俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務める大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の最終回が12月26日(全41回)になることが21日、わかった。新型コロナウイルスの影響により、昨年放送の『麒麟がくる』が後ろ倒しになったことで、2月14日のスタートとなったが、例年通り年内終了となる。

【写真】パリでは…勘定方として一行を支える篤太夫

 『青天を衝け』は東京2020オリンピック・パラリンピック期間中に5回分が休止に。次回は8月15日の放送になる。また、来年放送の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は、来年1月スタートを予定している。

 本作は、生涯に約500の企業を育て、約600の社会公共事業に関わった「日本資本主義の父」、晩年は民間外交にも力を注ぎ、ノーベル平和賞の候補に2度選ばれ新一万円札の顔としても注目される渋沢栄一が、幕末から明治へ、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、近代日本のあるべき姿を追い続け、高い志を持って未来を切り開いていく姿を描く。

■『青天を衝け』東京2020オリンピック・パラリンピック期間中の放送概要
・7月25日、8月1日、8日…休止
・8月15日…第24回
・8月22日…第25回
・8月29日、9月5日…休止
・9月12日…第26回