ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で30日より配信開始予定、ナショナル ジオグラフィック制作によるディズニープラス オリジナル作品『サメと遊ぶ伝説のダイバー』の予告編が解禁された。

【動画】『サメと遊ぶ伝説のダイバー』予告編

 同作品は、海洋界の伝説とも言える水中撮影とサメ研究のパイオニア、ヴァレリー・テイラーの大胆不敵な生涯を追ったドキュメンタリー。銛(もり)を使用し魚類を捉えるスピアフィッシング競技のチャンピオンという栄光を手にした彼女が、いかにしてサメ研究の第一人者となり、熱心なサメや環境保護の活動家となっていったかを、本人のインタビューを交えてひも解いていく。サンダンス国際映画祭2021年公式セレクション作品としても高い評価を得た。

 1960年代という男性優位の社会で野生生物保護について人々の関心も薄い時代に立ち上がった女性、ヴァレリー・テイラー。スピアフィッシング競技の世界で名を馳せた彼女と夫のロンは、ある時、海洋生物を殺し続けることに疑問を感じる。そしてこれまで握っていた銛をカメラに変えて、ロンと共にサメの生態を記録するため水中撮影に取り組むように。

 さらに大胆にもゲージや武器を持つことなくサメに至近距離で近づき、人間を襲わないことも証明。「サメはただ生きるために戦っている、そう私たちと同じ様に」と語りかける。乱獲による絶滅の危機からサメを救い、今では水中撮影とサメ研究のパイオニアと称され、現在のサメに関する知識の基盤を築いた彼女は、海洋界の生ける伝説であり象徴的な存在となった。

 人を襲う生物として恐れられてきたサメとの共生の道を探り続けたヴァレリーを突き動かしたものとは? 息をのむような美しい水中の記録映像も見応えありだ。