2020年7月に上演予定だったミュージカル『四月は君の嘘』が、2022年5月に東京・日生劇場にて改めて開幕することが決定した。主演でWキャストとなる小関裕太、木村達成をはじめ、生田絵梨花 、唯月ふうか、水田航生・寺西拓人(Wキャスト)らメインキャスト6人が再集結する。

【写真】ミュージカル『四月は君の嘘』収録の様子

 原作は新川直司が2011年から2015年に『月刊少年マガジン』(講談社刊)にて連載(全11巻)し、2012年度マンガ大賞ノミネート、2013年講談社漫画賞少年部門受賞、その後2014年から2015年にはフジテレビ『ノイタミナ』枠にてTVアニメ化、2016年には実写映画としても大ヒットを記録した人気作品。

 単なる青春ラブストーリーではなく、音楽に引き合わされた若き音楽家の卵たちが、大切な人との出会いと別れを通してその才能を開花させていく、普遍的な人間愛と音楽の魅力が詰め込まれている。

 元天才ピアニスト・有馬公生役に東宝ミュージカル初出演となる小関と、ミュージカル『プロデューサーズ』『ジャック・ザ・リッパー』と話題作への出演が続く木村。圧倒的個性を持つヴァイオリニスト・宮園かをり役にはミュージカル『モーツァルト!』などの好演により第44回菊田一夫演劇賞を受賞し、現在『レ・ミゼラブル』で好演中の生田が起用。

 公生と幼なじみの女子高生・澤部椿役には、『レ・ミゼラブル』や『屋根の上のヴァイオリン弾き』など大作ミュージカルでの活躍が目覚ましい唯月。公生と椿の友人・渡亮太役には、ストレートプレイからミュージカルまで幅広く存在感を示す水田と、舞台を中心に活躍の場を広げ今年11月には『マイ・フェア・レディ』への出演が控える寺西がWキャストで出演する。

 今回のミュージカルでは、『ジキル&ハイド』『笑う男The Eternal Love -永遠の愛-』『デスノートTHE MUSICAL』を手掛ける巨匠・フランク・ワイルドホーン氏全曲書下ろしによる楽曲が使用。ワイルドホーン氏の関わった日本上演ミュージカルとしては本公演が記念すべき20作目となる。

 そして、訳詞と演出を手掛けるのはミュージカル『キューティ・ブロンド』、フランク・ワイルドホーンが音楽を手掛けた『笑う男The Eternal Love -永遠の愛-』を大ヒットに導いた上田一豪氏。脚本にはジブリ映画『かぐや姫の物語』、『メアリと魔女の花』の共同脚本でも知られる坂口理子氏がスタッフとして参加し、作品をさらなる高みへといざなう。