人気グループ・SixTONESのジェシーが、28日発売のライフスタイルマガジン『Hanako』(マガジンハウス刊)の表紙と巻頭グラビアに登場。今号は『ときめく!スイーツ大賞2021』後半として1月に発売した企画の第2弾。ジェシーは夏のお菓子工場の工場長になりきって、プリンのデコレーションにチャレンジしたり、片っ端からスイーツをつまみ食いしたり、スイーツ大賞のプレゼンターとして祝福。「好きすぎるから、嫌いなフリをする」というくらい、「スイーツ愛」があふれたインタビューも収録している。

■SixTONESのテレビ出演歴

 津々浦々のスイーツを食べ歩いた21人を審査員に招き、彼らが「本当に美味しい」と太鼓判を押したスイーツを厳選。クリームソーダやかき氷、アイスなど夏らしいひんやりスイーツほか、ピスタチオやレモンなどトレンド感満載のスイーツ、サステナブルスイーツ、取り寄せのクッキー缶やチーズケーキなど、ジャンルもさまざまに、計172品を紹介する。

 インタビュー抜粋では「スイーツが大好きだから、夢みたいな空間だったし、めちゃくちゃ楽しかったです」と大満足のジェシー。「デコレーションに正解はないからね! 正解が見えない中、がんばったところをほめてください(笑)」と茶目っ気たっぷり。「撮影だったり、誕生日、ビュッフェとか特別なときにだけ解禁して全力で食べて、日ごろはガマンの日々!」と語っている。

 体型管理のために普段はあまり食べないようにしているけど、実はスイーツ大好き!というジェシー。撮影中のつまみ食いシーンでは、どれから食べようか真剣に悩み、撮り終わったあとも特大ケーキの影に隠れてゼリーを食べ続けていたそう。インタビューでは、編集部の予想以上にスイーツ愛がさく裂。アメリカのおばあちゃん宅で生クリームに目覚めた話、日本でおばあちゃんといちご大福を作った話、それを木村拓哉に差し入れたこともあるそうで、スイーツと家族のあたたかいストーリーを披露している。