1969年1月に放送開始し、1分間という制限時間に12問に答えるというスタイルはそのまま、クイズ方式などを少しずつ形を変え、クイズ番組としての歴史を積み上げてきたテレビ朝日系クイズの番組の『タイムショック』。8月4日の午後6時45分から1年ぶりに放送される『ザ・タイムショック2021~最強クイズチーム決定戦SP~』に、阿部亮平(Snow Man)、川島如恵留(Travis Japan/ジャニーズJr.)、本高克樹(7 MEN 侍/ジャニーズJr.、高ははしごだか)というジャニーズきっての頭脳派3人が「ジャニーズチーム」として出場することが決定した。

【写真】井桁弘恵と「ヒーローヒロインチーム」を組む岩永徹也

 今回、宮崎美子、やくみつる、えなりかずきという安定の強さを誇る3人の「ベテランチーム」や、同番組で過去優勝経験を持つ三浦奈保子率いる「東大チーム」、頭脳派アイドル、山崎怜奈(乃木坂46)がキャプテンを務める「才女チーム」など強敵チームがそろうが、ジャニーズのメンバーで作られたクイズ部で特訓を重ね、その優れた頭脳を発揮して数多くのクイズ番組でも活躍する阿部、川島、本高だけに、優勝の可能性は十分。期待がかかる。

 『ザ・タイムショック』に向けて、実はリモートで特訓を重ねていたことを明かした3人。阿部は「3人で問題を出し合ったりしてきたんですけども、今回対策した問題とかも出ていたので、間違いなく無駄じゃなかったな。自信はあります!」と語っていた。川島も「コンディションはバッチリ! 3人で勉強してきたこともありますし、何よりもこのスタジオの雰囲気がとっても良い! 優しいオーラを感じます」と、多くの出演者たちが緊張して挑む中、楽しむ余裕も見せた。今回初出場となる本高も初戦に挑む際、「阿部くんにたくさんの問題を出してもらって対策したので、今いい感じです! 初登場なんですけど、『初登場じゃない』っていう自己暗示にかかっているので、この状態が解ける前にササっとやっちゃいたいと思います!」と頼もしい発言をしていた。

 3人からは自信と余裕が感じられ、いい雰囲気の中進んでいくが、その裏には絶対的キャプテンの阿部の存在が。川島、本高が問題に挑む際、必ず「いけるよー!」「自信をもって!」「楽しんで!」など、声をかけて応援する阿部。それに対し、川島も本高も「阿部くんに恩返しがしたい」と言ってクイズに挑む。さらに本高は「(クイズ中は)阿部くんが支えてくれたんですよ。僕の頭の中に実は『喜怒哀楽』の4人の阿部くんがいまして、行ったり来たりしているんです」と、阿部と一体化(?)していたことを明かしていた。

 バツグンのチームワークの良さを見せる阿部、川島、本高は、それを生かして優勝できるのか。