俳優の佐々木蔵之介が主演するテレビ朝日系木曜ミステリー『IP~サイバー捜査班』(毎週木曜 後8:00)。15日放送の第3話では結婚してわずか1週間の花嫁が失踪する事態が発生。その事件が、古宮山絆(福原遥)の亡き母の過去と重なっていくストーリーが展開する。

【写真】美しい芸姑姿の川島海荷

 第3話のテーマは、「なりすまし」。SNSなどを通じて簡単に他人になりすますことができてしまう恐怖に、サイバー総合事犯係が挑んでいく。多和田昭平(間宮祥太朗)の親友で建設会社の御曹司・松永大輔(木村了)の新妻・知里(徳永えり)が、結婚してわずか1週間で失踪。松永によると、2人はとあるコミュニティーサイトを通じて知り合い、SNS上のやりとりで仲を深めてきた。そして半年前に初めて対面したところ、何から何まで理想どおりの女性だったため、松永は運命を感じて結婚を申し込んだという。

 サイバー捜査のスペシャリスト・安洛一誠(佐々木)は、知里が作為的に松永の理想を体現したのではないかと直感。結婚する前の知里を探るべくサイバー捜査を開始した結果、予想外の事実が発覚。なりすました女の正体は。 

 この新妻失踪事件の捜査を進めるうち、絆の母が恋人・安洛と別離したときの真実が浮上。母の秘められた過去、そして当時の安洛の行動を知った絆は、安洛に対する心境に大きな変化が。第2話で安洛から親子関係をはっきりさせるべくDNA鑑定を持ちかけられていた絆だが、今回どんな決断を下すのか。そして、安洛の弱みを探り続けている多和田は絆の出現で安洛が変化したことに気づき、2人の間に何かがあると疑いはじめることになる。