お笑いコンビ・品川庄司の品川ヒロシが6年ぶりに手掛けた長編監督作品『リスタート』(7月9日より北海道地区先行公開、7月16日より全国で公開)で、映画の主題歌を歌うHONEBONEによる、“エンドロール生演奏”の実施が決定した。“映画業界初”の試み。東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で16日、18時30分の回の本編終了後にエンドロールの生演奏、さらにHONEBONEの2人と品川監督によるトークイベントも予定されている。

【動画】品川ヒロシ監督が手掛けた主題歌「リスタート」MV

 本作は、シンガーソングライターを目指し上京し、10年の月日を経て、夢に破れ、傷つき、故郷の北海道下川町に帰った主人公が、自然豊かな景色、支えてくれる仲間や家族の存在によってゆっくりと前を向き始める、というストーリー。

 本作の主人公・未央を演じるのは、男女フォークデュオ・HONEBONEのボーカルを務めるEMILY。劇中では自身がボーカルを務めるバンドHONEBONEによる書き下ろし楽曲3曲を披露している。

 中でも主題歌「リスタート」は、品川監督からの「壮大な曲にしてほしい」というオーダーの元、試行錯誤を重ね完成した曲。ミュージックビデオを品川監督が撮ったことでも話題になっているが、今回本編のラスト、エンドロールで流れる「リスタート」をHONEBONEによる生演奏で披露する。

 本編のラストシーンからエンドロールへと切り替わった瞬間から映画の音がミュートされ、生演奏が始まるという本企画。映画を鑑賞した直後だからこそ、主人公を演じたEMILYの魂のこもった歌声がより一層観客の心に響き渡るに違いない。

■詳細
https://ttcg.jp/human_shibuya/topics/2021/07091200_15064.html