昨年6月に9人組グローバルガールズグループ「NiziU」を輩出してから1年。ソニー・ミュージックエンタテインメントと韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメント(以下、JYP)の合同オーディションプロジェクト『Nizi Project』のシーズン2が、いよいよ始動することが、12日に行われた記者会見で発表された。第2弾は世界基準のボーイズグループを発掘・育成する。

【写真】フレッシュにミニスカ衣装で登場したNiziU 新ペンダント&キューブも公開

 会見は都内のSME六番町ビルで行われ、ソニー・ミュージックエンターテインメント代表取締役社長CEO・村松俊亮氏が登壇。韓国と中継を結び、昨年社会現象を巻き起こした『Nizi Project』で総指揮を執ったJYPエンターテインメントCCOのJ.Y.Park氏、そして特別ゲストとしてNiziUのメンバーも9人そろって登壇した。

 J.Y.Park氏は「お久しぶり! またもやJ.Y. Parkです。『Nizi Project』シーズン2を発表することになって本当にうれしいです」と明るくあいさつ。「僕は日本で有名になったと聞きましたが、それが本当なのかどうか、とても気になります」とジョークを交えつつ、「私たちを苦しめた厳しい状況(コロナ禍)が収まってくることを願い、皆さんに会いに、そして新しい人材に会いに、日本に向かいます。ただ、今度は男子です」とボーイズグループ結成を明言した。

 きょう13日からエントリーがスタートした『Nizi Project Season 2 Global Boys Audition』の応募資格は、2023年3月に中学校卒業予定の男性~各地オーディション締め切り時点において満22歳までの男性。国籍は不問だが、シーズン1同様、少しでも日本語でコミュニケーションを取れることが条件となっている。エントリー部門は「ボーカル」「ダンス」「モデル」「ラップ」に、今回新たに「作詞・作曲」が加わり計5部門。10月29日午後5時で締め切られる。

 その後、11月~12月にかけ、札幌、仙台、東京、名古屋、神戸、広島、福岡、沖縄、アメリカ・ニューヨーク、ロサンゼルス、韓国・ソウルの国内外11ヶ所で地域オーディションを実施予定。各都市の最終審査はJ.Y. Park氏が直接面接し、東京合宿に進む選抜メンバーを決定する。東京合宿では韓国に行くデビュー準備組を選抜。韓国でのトレーニング期間を経て、2022年12月に最終デビューメンバーを決定し、2023年3月のメジャーデビューを目指す。

 J.Y. Park氏は『Nizi Project』の象徴とも言える「Niziペンダント」を公開。「シーズン1のペンダントを男子に合うスタイルにアップレグレードさせました。どうですか?」と、新調したことを明かしてにっこり。「歌」「ダンス」「スター性」「姿勢」評価で4つのキューブを全部集められたら最終デビューメンバーに決定する。シーズン1は日本テレビ系『スッキリ』やHuluで放送/配信されたが、シーズン2については「来年下半期にメディアを通して皆さんにお届けする予定です」と語った。

 『Nizi Project』でのボーイズグループ構想は、2019年2月のプロジェクト発足会見のときから「ガールズグループが成功したらそのノウハウをボーイズグループに活用したい」と話していたが、今回改めて「もしシーズン1が成功したら、ボーイズグループを作りたい、シーズン2につなげたいということはソニーミュージックさんと最初の段階で話が出ていました。幸いシーズン1が皆さんの大きな愛をいただいたことによってその計画が実現できることになって、とてもうれしく思っています」と喜んだ。村松社長も「今回はボーイズグループということで、パークさんご自身がアーティストであり、パフォーマーでもあるので、手取り足取りの熱血指導が見られるのではないか」と期待を寄せた。

 活動拠点については、「JYPのすべてのアーティストにも言えることなんですけれども、まずはデビューして直後の2~3年間というのは、その基盤を置いているローカルな地域においてファンと頻繁にコミュニケーションを取ってふれあい、ファン層をしっかり築いていくことが大切だと考えています」と語り、「NiziUもデビュー後はまずは自分たちの基盤である日本での活動を重点的に行ってきました。今回のボーイズグループに関しても、序盤は日本での活動をまずはしっかり行い、ファンの皆さんとしっかり関係を築いた後に、本格的に世界進出を計画できたら」と構想を明かした。

 NiziUのメンバーも『Nizi Project』を振り返りつつ、AYAKAは「迷っているなら参加したほうがいいと思います。参加するだけでもすごくいい経験になると思うし、これから先に必要なことをたくさん学ぶことができるので勇気を出してみて」と後押し。NINAは「このプロジェクトで自分の人生が変わりました。自分自身をもっと知ることもできるし、できないと思っていた歌やダンスも成長できる可能性がたくさんあります」と経験を踏まえて助言。J.Y. Park氏は「アイドルを夢見ているすべての男子の皆さん、躊躇せず申し込んでください。皆さんの一番近い都市でお会いしましょう」と呼びかけた。

■J.Y. Park氏『Nizi Project Season 2』質疑応答

――今までに数々の男性グループを輩出されていますが、売れる男性グループに一番必要なものは何だとお考えでしょうか?

ボーイズグループにもガールズグループにも必要なことに違いはないと思います。いかに自らを表現できるか、というのが大切だと考えています。今は1人メディアの時代が到来し、会社のプロデューサーがイメージを作っていったり、加工するというのが難しく、不可能な時代になっています。なので、自分自身がいかに自分らしさ、自分の姿をナチュナルに表現できるのかが重要な時代だと考えています。それがボーイズグループにとってもガールズグループにとっても同じ大切な価値だと考えています。

――シーズン1ではスキルのみならずスター性、性格面を重視されていましたが、今回のシーズン2ではどのような能力を持った方に参加してほしいですか?

アイドルやスターになる人材を見ていると、彼らは技術者ではないというふうに思うんです。歌やダンスが得意な、技術が上手な人たちではないと考えています。それよりも内面をいかにナチュナルに表現できるのかが大事。自分自身の内面は歌やダンスを通じても表れますし、自分自身が作る歌詞やラップを通じても表現されます。日頃の何気ない冗談や特技などにも表現されるものだと思います。自分自身の中にある魅力がいかにナチュナルに表現されるのかが大事なことだと考えています。

――日本のボーイズグループシーンをどう見ていますか? 気になっているグループはいますか?

日本の音楽を聴き始め、好きになったのは80年代からでした。僕が特に大好きな歌手でいえば、桑田佳祐さん、サザンオールスターズ、TUBE、安全地帯、チェッカーズ、久保田利伸さんの音楽が好きでずっと聴いていました。特定の歌手、アーティストというよりも、ソウルやR&Bに基盤、ルーツがあるジャンルの音楽を東洋的にうまくミックスして昇華させる感性を持っている音楽が好きです。そういった音楽やアーティストが80年代には日本に多くいらっしゃったと思っています。私と日本のアーティスト・音楽の関係性はそのようにスタートしました。

最初は1ファンとしてスタートしているんですけれども、現在の日本の音楽シーンは、ソウルやR&Bテイストの音楽よりも、よりポップスが盛んだと感じます。JYPはよりアーバンなテイストの音楽、また、ソウルやR&Bに基盤を置いた音楽をこれからもお届けしたいと思っています。最近は、EXILEの音楽をよく聴いています。

――シーズン1の中で発見したこと、学んだこと、シーズン2に活かせることは?

最も驚かされたことは、日本に優秀な人材がたくさんいたことでした。それ以上にオーディションの成功にとって重要なことはないと思います。優れた人材がオーディションとっては最も重要なことだと思うんです。優れた人材がたくさんいて、多くの優れた人材がこのオーディションに参加してくれたことに驚いています。さらに、日本の皆さんの大きなご声援をいただいたので、それが私にとっての自信につながり、シーズン2にまた向かっていけるのではないかと思っています。

――エントリー部門に「作詞・作曲」を入れた狙いは? また、これを入れたことで、今回誕生するグループはNiziUのようなダンス&ボーカルグループに限らない可能性があるのでしょうか?

全世界にも日本にも多くのボーイズグループが存在しています。従来のカラーだけでは、多くのボーイズグループの中で新たにポジションを占めていくのは難しいことだと思います。ですので、新しいカラーを打ち出していくことが今後ボーイズグループに求められる、有利な面になっていくのではないかと思っています。それは正に、自分自身の考えや、自分たちの価値観を自分の言葉で書いて、曲を作っていくということです。

そのような新しい才能を今回発見できたらいいなと期待を込めて、今回「作詞・作曲」部門を取り入れています。もしここで新たな才能が発掘されたら、プロデューサーにとってものすごく大きな力になります。新しい時代の歌手、新しい時代のボーイズグループというのを形作るのは、自分の言葉を持った歌手たち、その価値が求められるのではないかと考えています。自分の価値観、考えを歌詞や曲で表現できるアーティストが今回見つかればという願いを込めてこの部門を設けました。

2つ目の質問に通じることなんですが、こちらが持っているイメージやアイデア・企画を彼らにかぶせていくのではなく、僕たちが選んだ人材が持っている本当のカラーや魅力を引き出して、それをグループのカラーにしていきたいという気持ちがあります。

――このプロジェクトを成功させるためにやりたいこと、ルーティーンなどあれば教えてください。

楽しみにしているのは日本の8都市を回りながらその地方それぞれのおいしい食べ物を食べられること。とてもワクワクしています。逆に最も心配しているのは1ヶ月半近く家を離れるので、幼い娘たちに会えなくなることです。このプログラムを進めていくことにおいて、最も僕が力を注いで頑張るべきことは、何よりも日本語の勉強だと思っています。いまだに毎朝起きてしているルーティーンは、単語帳に日本語を書いて勉強することです。

――ボーイズグループを作ることはいつ頃から考えていたのでしょうか? 男性ならではの楽しみにしていることは?

当初、『Nizi Project』を発足させたとき、もしシーズン1が成功したら、ボーイズグループを作りたい、シーズン2につなげたいということはソニーミュージックさんと最初の段階で話が出ていました。そして、その心の準備をしていました。幸いシーズン1が皆さんの大きな愛をいただいたことによってその計画が実現できることになって、とてもうれしく思っています。

ボーイズグループに求められることでいえば、成長した姿をお見せしたい。そのためにも「作詞・作曲」部門を応募の中に入れていますので、新しい才能、新しいカラーのグループが生まれることを希望しています。

――今回誕生するグループのコンセプトやイメージはあるのでしょうか? また、今回はソウルとアメリカでもオーディションが行われるということで、デビュー後の活動の場所は?

グループのカラーにつきましては先ほども申し上げたとおり、なるべく最初に決めておくのではなく、決まったメンバーのカラーに合わせてプロデュースしていきたいと思っています。それが正に、次世代の新しいグループにつながっていく形になりうるのではないかと考えています。プロデューサーの企画によってあてはめていくのではなく、イキイキとした自分らしい魅力を持っている人材をなるべく選んでいきたいと思っています。

NiziUもそうですし、JYPのすべてのアーティストにも言えることですが、まずはデビュー直後の2~3年間というのは、その基盤を置いているローカルな地域においてファンと頻繁にコミュニケーションを取ってふれあい、ファン層をしっかり築いていくことが大切だと考えています。そのような意味で、NiziUもデビュー後はまずは自分たちの基盤である日本での活動を重点的に行ってきました。今回のボーイズグループに関しても、序盤は日本での活動をまずはしっかり行い、ファンの皆さんとしっかり関係を築いた後に、本格的に世界進出を計画できたらと考えています。

■J.Y. Park(パク・ジニョン)プロフィール
韓国のシンガー・ソングライター/音楽プロデューサーで、総合エンターテインメント企業JYP Entertainmentの創業者。1994年にシンガー・ソングライターとして歌手デビューし、97年にプロデュース業を開始した。ピ(Rain)、Wonder Girlsを育て上げ、現在は2PM、DAY6、TWICE、Stray Kids、ITZY、NiziUらが所属。作詞/作曲/プロデュースした55曲が日本、韓国、中国の主要音楽ランキングの1位を獲得している。JYP社はKOSDAQ株式内で10億ドル以上の市場価値を保有するK-POP界を代表する企業で、日本、中国、タイに支社を構える。