『ドラえもん』スネ夫役、『鬼滅の刃』風柱・不死川実弥役、『呪術廻戦』のパンダ役などで知られる声優の関智一が、10日放送の日本テレビ系連続ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』(毎週土曜 後10:00)第1話に出演した。最凶最悪の敵“白塗りの男”を追う刑事・樋口(唐沢寿明)と石川(増田貴久)に、重要な手がかりを教える“農家の男性”役として登場し、ネット上では「違和感なさすぎw」「緊張の場面で関さん登場は笑った」「浸透しすぎやw」などの声があがっている。

【写真】違和感なし!麦わら帽子でカマ振り上げる農家姿の関智一

 また、番組公式ツイッターでは、関がカマを振り上げているオフショットなどが公開。今作では「ボイス=声」にかけて人気声優が毎話どこかに出演することも発表されており、その第一弾として関が登場した。

 今作は、通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を掲げる緊急指令室“ECU”の活躍を描いたタイムリミットサスペンス。2019年放送の前作に引き続き、唐沢が主人公の敏腕刑事・樋口彰吾、真木よう子が緊急指令室ECUの室長でボイスプロファイラー“声紋分析官”橘ひかり、増田が彰吾とバディを組む“透ちゃん”こと石川透をそれぞれ演じている。