人気グループのKAT-TUNが、美 少年(ジャニーズJr.)が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『ザ・ハイスクール ヒーローズ』(毎週土曜 後11:00)の主題歌を担当することが9日、発表された。

【写真】美 少年が変身するヒーロースーツ姿&カラー

 美 少年が長い歴史を誇る戦隊ヒーロードラマにチャレンジする『ザ・ハイスクール ヒーローズ』。“戦隊ヒーロー”と“学園ドラマ”という要素が融合し、新しい魅力を放つ同ドラマの主題歌に、デビュー15周年アニバーサリーイヤーのKAT-TUNの新曲が決定した。主題歌のタイトルは「EUPHORIA」(ユーフォリア)で、疾走感あるクールなビートが印象的な楽曲。時空を超えた”繋がり”、そして未来への強い決意と高揚感が感じられるアグレッシブなダンスナンバーで、後輩グループ・美 少年のドラマオープニングを盛り上げる。

 KAT-TUNは「後輩である美少年の主演ドラマに、主題歌で関わらせてもらうことが出来て、とてもうれしく思っています。僕らの新曲『EUPHORIA』で ドラマを盛り上げることが出来ればという思いで楽曲制作に臨みました。僕たちも、7月31日からの放送を楽しみにしています」と後輩の活躍にエールをおくっている。

 同作の舞台は、創立100周年を迎える由緒ある小中高一貫校・五星学園。品行方正・学業優秀な優等生がそろう一方で、SNSや成績、恋愛、部活動など高校生ならではのさまざまなトラブルも巻き起こる同校には、実は“魔人”と呼ばれる存在が。“人が持つ弱い心”から生まれる魔人を利用して、壮大な野望の実現を目論む学園長から学園を守るため、立ち上がったのが「ハイスクールヒーローズ」だった。

 ゴレンジャーオタクの真中大成によって集められた「ハイスクールヒーローズ」が、時に対立しながらも少しずつ友情を深め、団結して巨悪に立ち向かっていく今作。王道の“学園・青春もの”と“ヒーローもの”の融合を、美 少年が体当たりで描き出す。