人気グループ・Hey! Say! JUMPの有岡大貴が12日、東京・グローブ座で公演されるナゾトキシアター『アシタを忘れないで』公開ゲネプロ後取材会に、脚本を担当したお笑いコンビ・かもめんたるの岩崎う大、物語の鍵となる“謎”の制作を担当した謎解きクリエイターの松丸亮吾とともに登壇した。

【写真】ガッツポーズを披露した有岡大貴

 今作では有岡が主演に加えて、企画・プロデュースにも挑戦し、観客参加型の謎解き演劇を展開。「演劇」と「謎解き」を掛け合わせ、観劇しながらも、作品の中に出てくる主人公を悩ませ立ち止まらせる“謎”をともに解き、スマホやタブレットなどのツールを使って主演の有岡を手助けする『参加型!謎解き演劇』プロジェクトとなっている。

 有岡は「きっかけは村上(信五)くんの舞台に参加させていただいていたなかで、スタッフさんに劇場でスマホを使う事ができる、というところから、この交渉から始まりました」と企画経緯を説明し、「準備が大変だったと感じているのは松丸くんとう大さんだと思う」と感謝。

 すると松丸は「有岡くんは、ただ謎解きをするのではなく、謎と物語がうまくからんでほしいという…結構理想が高いんですよ。でも、お願い上手で『ここってもうちょっとこうできたりしないかな…?』みたいに、言われるとノーと言えない」と苦笑し、岩崎も「上手ですよね。ジャニーズはみんな上手なんですか?」と同意。有岡は「そうですね、高圧的にお願いする人を見て育ってるから、謙そんしながらというのを意識してます」とジョークを交えて笑いを誘った。

 岩崎は「一回書き終えて提出して僕的には満足していたら『ここらへん、もう少し濃くしていただきたい』と言われて…。でもかなり正論だったので、純粋な目で見てくるから、応えたいなと思うようになりました。猫のような目でした…、捨てられた、生まれたばかりのかわいそうな子猫で…」と有岡の瞳にやられてしまったようで、松丸も「必ず頭に『もしよかったら…』とつけて、という目がもう捨て猫の目をしていた」と証言。有岡は「無意識です。お二方へのリスペクトが表れた」と焦りつつも弁解していた。

 今後のシリーズ化について、有岡が「またなにか思いついたら、他のことでも考えられたらいいな」と想像をふくらませると、松丸も「謎解きシアターって名前ができましたから」と歓迎。有岡は「村上くんが定期的に公演をやっているのも後輩としてうらやましく尊敬しているので、自分でもなにかライフワークのようなものができたらいいな」と意欲をみせていた。