『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『君の名は。』の作画監督を務めたトップアニメーター安藤雅司が、初監督・キャラクターデサイン・作画監督を務めた映画『鹿の王 ユナと約束の旅』(9月10日公開)の主題歌が発表された。シンガーソングライター・milet(ミレイ)が、本作のために書き下ろした新曲「One Reason」。miletは「小説・台本を読み、言葉たちから伝わる静かな森の匂いや温度を生々しく感じながら書き進めました」と、熱い想いを抱きながら、映画に寄り添って制作したことを明かしている。

【動画】miletによる主題歌入り『鹿の王』予告編

 本作は、2015年度本屋大賞、日本医療小説大賞をW受賞した、上橋菜穂子氏のベストセラー巨編「鹿の王」をアニメーション映画化。『千と千尋の神隠し』で宮崎駿監督の助手を務め、『忘念のザムド』『伏 鉄砲娘の捕物帳』で監督を務めた宮地昌幸が共同監督。制作スタジオは、国内外から高い評価を受けハイクオリティな映像作品を世に送り出し続けるProduction I.G。

 物語の舞台は、強大な帝国が支配する世界。そして、世界を侵食する謎の病から生き延び、過酷な運命に立ち向かいながら旅を続ける血の繋がらない“父と娘”。その病から多くの命を救おうと奔走する“天才医師”。故郷のために帝国に従い戦う“謎の女”。やがて彼らは、運命的な出会いを果たす。壮大な世界観の中に、緻密な医療サスペンスと感動のストーリーが組み込まれた、唯一無二の冒険大作。

 新たに解禁された予告映像には、先述の主題歌「One Reason」が使用されており、主要人物たちの声も本映像をもって解禁。物語の主人公・生き残った孤独な戦士ヴァンに堤真一。もう一人の主人公・謎の病の治療法を探す天才医師ホッサルに竹内涼真。さらにヴァンを追う謎の女戦士サエを杏が演じる。日本アニメーションの歴史に新たな名を刻む、感動ファンタジー大作の誕生を予感させる内容となっている。

 そして新ビジュアルは、安藤監督が描いたティザービジュアルをコンセプトに作成。過酷な運命に立ち向かう力強さとユナを守る志を背中で語る戦士・ヴァン、曇天のなかに一筋の希望という光を与える幼子・ユナ。仲間と共に向かうこの先にはなにが待ち受けているのか。4人の旅路を描いたビジュアルとなっている。

■miletのコメント
 映画『鹿の王 ユナと約束の旅』の主題歌を担当させていただくことになりました。「One Reason」は主題歌のお話しをいただき、小説・台本を読み、言葉たちから伝わる静かな森の匂いや温度を生々しく感じながら書き進めました。困難に立ち向かう小さな命たちがつながり、一度きりの人生の中で大きな愛を生み出します。やはり、人間はあたたかい生き物なのです。そんなメッセージを抱きしめ、深い森を泳ぎ進むように歌わせていただきました。ぜひ『鹿の王』の世界と一緒に主題歌「One Reason」も一緒に楽しんでいただけたら幸いです。

■安藤雅司監督のコメント
 映画の制作中、プロデューサーより「今気になるアーティストはいるか?」と聞かれ、「あのドラマの主題歌の…」と、その時最も耳に残る歌声として答えたのが、音楽には疎い自分はお名前もよく存じ上げなかったmiletさんでした。

 主題歌をお願いする時に、自分が伝えたイメージは「今ここに私があるのは私を大切に思ってくれたあなたがいたから…」という思いを、子から親に、あるいは大切な人に向けて伝える歌でした。それが映画の中の少女ユナから、彼女を守ってくれたヴァンに伝える思いと重なると美しいと考えました。

 思い描いた通りの、本当に素敵な主題歌が生まれたと大変感謝しております。
ぜひ、この主題歌と共に、この映画が観る者の心に響くことを願っています。