人気グループ・Snow Manのラウールが8日、都内で行われた主演映画『ハニーレモンソーダ』公開前夜!『ハニレモ』しゅわきゅん▽スパークナイト(▽=ハート)に登壇した。今作のキャッチコピー「あなたに出会い、世界が変わる」にちなんで、出会って世界が変わったものを聞かれた坂東は「僕、ラウちゃんに会って、変わった部分があるんですよ」と紹介。そのピュアなキャラクターに心打たれたことを語った。

【写真】サプライズで上映されたSnow Manからのメッセージ

 「最初、ラウちゃんに、はじめましてで出会って、本読みから始まって。すごく人見知りで、声も小さくて。というところから、映画が終わる頃には堂々としていて、すごく成長していて、今も立っている姿も最初のラウールからは想像できない。あとは本当にピュアで純粋なんですよ! そのピュアで純粋な心に初心を思い出すっていうか、いいなって。その気持を忘れないでほしい。僕も改めて感じることができたのでまた変われた気がしました」と力説。ラウールを「ありがとうございます、本当にうれしいです」と感激させた。

 一方でラウールは「最近、バスタオルを新しくして、もともと、こすっただけで肌荒れするヨレヨレのタオルを使ってたんですけど。最近ふかっとするやつを使ったら、肌がキレイになりました」とうれしげに報告。以前は「CMとかでよく比較される、卵とか割れるようなタオル。だったんですけど、あなたに出会い世界が変わりました…デビューして1年経って変えてもいいかなって」と倹約家な一面をのぞかせた。

 このタオルエピソードに濱田龍臣と坂東は大爆笑。ラウールの「愛着がわいちゃってたんで、それでいいかなって…」との説明に、濱田は「めちゃめちゃタオルネタこすりますね。ボクお腹痛いですけど笑いすぎて」とすっかりツボにハマってしまったようだった。

 今作は、村田真優氏による漫画雑誌『りぼん』(集英社刊)連載、累計発行部数700万部突破の人気漫画を実写化。内向的な性格で不器用な羽花(吉川愛)が、いつも塩対応でクールだけど、本当は誰よりも優しい、レモン色の髪がトレードマークのレモンソーダ男子・界(ラウール)に出会い、仲を深めていくなかで自身も成長を遂げていくラブストーリー。このほか、堀田真由、岡本夏美、神徳幸治監督が参加した。