「東京アニメアワードフェスティバル2021」で審査員を務めた片渕須直監督(『この世界の片隅に』)が絶賛し、コンペティション部門長編アニメーショングランプリを獲得した、『ジュゼップ 戦場の画家』が、8月13日より新宿武蔵野館(東京)ほか全国で順次公開される。

【動画】百聞は一見にしかず『ジュゼップ 戦場の画家』予告編

 1939年スペイン内戦により、避難先のフランスの強制収容所で難民となった画家ジュゼップ・バルトリの実話を長編アニメーション化。戦禍の時代と20世紀を生き抜いたアーティストの”魂の旅”を映像化した本作は、絵を描くこと、そして生きることの素晴らしさを伝えてくれる希望の物語。

 監督は、フランスの全国紙「ル・モンド」などのイラストレーターとして活躍してきたオーレル。ジュゼップが収容所で記した鮮烈なスケッチに触発され、10年の歳月を費やして本作を完成させた。長編アニメーション監督デビューにして、セザール賞やリュミエール賞などヨーロッパの映画賞を総ナメした。劇中では、オーレル監督の繊細なタッチと、ジュゼップの力強いスケッチがアニメーションとして融合するシーンは圧巻だ。

 強制収容所からメキシコへの亡命を果たしたジュゼップの恋人となったのは、メキシコを代表する女性画家フリーダ・カーロ。画家としては彼女の方が有名で、フェミニズム、革命家のアイコンとして、その波乱万丈な人生は、第75回アカデミー賞6部門ノミネートを果たした『フリーダ』(2002年)や、『フリーダ・カーロに魅せられて』(20年)などで描かれてきた。

 7月6日はフリーダ・カーロの誕生日であったことから、ジュゼップとフリーダが登場する場面カットが新たに4点公開された。(1)ジュゼップを愛おしそうに見つめるフリーダの姿、(2)タバコをくわえ、神秘的な雰囲気が漂わせるフリーダ、(3)ジュゼップの肖像画を描くフリーダ、そして、(4)家の壁に青いペンキを塗るシーン。数奇な運命をたどった2人の芸術家がひかれ合う姿も本作の見どころの一つだ。

 ジュゼップは後に米ニューヨークに移住。マーク・ロスコやフランツ・クライン、ウィレム・デ・ クーニングといった画家らとも交流を持ち、「サタデー・イブニング・ポスト」や「ホリデイ」などでイラストを手がけた。

(C)Les Films d'Ici Mediterranee - France 3 Cinema - Imagic Telecom - Les Films du Poisson Rouge - Lunanime - Promenons - nous dans les bois - Tchack - Les Fees Speciales - In Efecto - Le Memorial du Camp de Rivesaltes - Les Films d'Ici - Upside Films 2020