ローソンは11日に迎える20周年を前に、一部店舗において、プラスチック削減に向けた新たな取り組みを開始する。

【画像】プラより可愛さも…? 新たに提供される木製スプーン

 まず、都内の5店舗で、8日より順次、ナチュラルローソンでは初となる食品の量り売りを「ドライフルーツ」と「ナッツ」で開始する。また、8月17日より約3ヵ月間、都内の直営店8店舗で、商品を購入した際に無料で提供される「割りばし」と「スプーン」を、紙製の袋に入れ、木の素材に切り替えたものを提供する実証実験を行う。

 同社は、これまで一部弁当容器の紙化や洗剤・シャンプー類の量り売りなど、プラスチック削減の取り組みを行ってきた。今後、全国の店舗に拡大展開する予定。