女性5人組ロックバンド・SHOW-YAの寺田恵子が、6日放送のTBS系『マツコの知らない世界』(毎週火曜 後8:57)に出演。「ガールズバンドの世界」をテーマに、初共演のマツコ・デラックスと熱いトークを繰り広げる。

【写真】ギターテクニックを披露したNEMOPHILA・SAKI 

 番組では女性だけで組まれ「ガールズバンド」として打ち出しているバンドに絞り込み、1977年を創成期として歴史を振り返る。1985年にデビューし、一度は解散したものの再結成を果たし、現在も精力的に活動を続けているSHOW-YA。寺田はデビュー当時を振り返り、日本のガールズバンドは「男性バンドとアイドル歌手の狭間でもがく存在」だったと話す。そんなSHOW-YAの栄光と、バンドを一度離脱している寺田のその経緯、解散から再結成までの激動の日々を、芸能界の時代背景と共に語る。

 そして2021年現在の「ガールズバンド」を紹介。若者世代の代表として女性5人組バンド・NEMOPHILAのSAKIが登場。寺田が後輩として可愛がるSAKIに新時代の「ガールズバンド」と、その魅力について掘り下げる。

 寺田は「私たちはデビューからずっと戦いの日々でした。迷った時も多々ありました。今の子たちは自分たちがやっと手に入れた物を全部持っている。テクニックやサウンドがすごいだけでなくみんな可愛さを持っている。魅力的な子たちばかりですので皆さんにもっと知って欲しい」と、後輩たちの魅力を熱弁。

 マツコが「とにかく寺田恵子さんは“威嚇”がスゴイ。若い子たちに寺田姉さんの“威嚇”を真似するのは無理だとは思いますが、もう少し出してもいいかな」と、SAKIへアドバイスすると、寺田は「SAKIはもっと自分を出していい。見せなさい。私は目の前の男を落とすつもりで勝負してきた。使えるモノは全て使え! 武器を活かせ」とエールを送っていた。

 番組ではそのほか、寺田に促されてSAKIが、ライブ会場を沸かせるギターの速弾きを披露。寺田が後を託す次世代のガールズバンドが続々と登場する。