俳優の山崎賢人(※崎=たつさき)が5日、都内で行われた映画『夏への扉 -キミのいる未来へ-』公開記念舞台あいさつに登壇した。タイトルにちなみ、この夏にやってみたいことを聞かれた山崎は「キャンプがしたい」と回答。「梅雨があけたら行きたいです。焚き火をみながら、無になって、お酒でも飲みながらリラックスしてぼーっとする時間っていいじゃないですか。なにもしないをしにいく、みたいな」と想像を膨らませ、同席した三木孝浩監督を「なにそれ、かっこいい!」と感心させた。

【写真】三木孝浩監督とともに登壇した山崎賢人

 原作は、1956年にアメリカで発表されて以来、世界中で愛されるSF小説。その名作を、本作では日本を舞台に再構築。1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者・高倉宗一郎(山崎)が、未来を取り戻す冒険物語として描かれる。宗一郎が家族のように大切に思う恩人の娘・璃子を清原果耶が演じている。

 昨年初旬の撮影を振り返り、山崎は「もともとSFがすきなので、古典的ともいわれるこの作品の映画化ではすごくワクワクしていました。いろんな縁に支えられて楽しみながら演じました。近未来的な衣装やセットも楽しかったです」としみじみ。「三木監督も「SFというか、今までみたことないものを作り出そうと新しいものをつくるイメージ共有は難しかったけどみんなで知恵をしぼりながら作るのは、ワクワク感を感じることができてよかった」と手応えをみせた。

 この日のイベントではすでに鑑賞済みのファンからのメッセージを上映され、「うれしいですね」と満足げ。原作ファンの年配の男性からもコメントが寄せられたといい「上の世代にも響いたのがうれしかった」と喜ぶ三木監督に「どの世代の方も楽しんでいただけているんだと実感してうれしいです」とほほえみながら感想を語っていた。